sasanoji電台第2廣播

« これはもう…Vast & Hazyという名の壮大なプロジェクトです。 | トップページ | 12月14日いよいよリリース、白安の3rdアルバム、もう待ちきれませ~ん! »

2018年12月 2日 (日曜日)

大陸の多作シンガーソングライター・鞠起、台湾デビュー。

鞠起Qi『無法停止』(2018年8月)

Qi2018

ジャケットが一部折れ曲がっているように見えますが、これは本当に折れ曲がっています。 実物はちょうど顔を隠すように右上の部分が折れています。 中も1ヶ所折れています。 裏も折れています。 意図は不明です…。

 

こんばんは。

人知れずコッソリ不定期放送中、フェイクラジオ・sasanoji電台です。

今夜は大陸のインディーズバンド・氪元素樂隊Mr.Krのボーカルで、2018年8月3日にソロ1stアルバム『無法停止』をリリースした男性シンガーソングライター・鞠起(ジュチー)をピックアップいたします。

 

鞠起…これは本名なのでしょうか、よくわかりません。 1988年4月1日生まれ、中国・江蘇省出身。 2006年に結成したインディーズバンド・氪元素樂隊Mr.Krでボーカルと楽曲創作を務める一方、2013年頃からオーディション番組『快樂男聲』に出場するなどソロ活動も活発化。 2015年末に台湾に本拠を置くメジャーレーベル・滾石唱片Rock Recordが開催した第1回『滾石原創歌手大賽』で優勝し、同レーベルと契約をしました。 本作『無法停止』は今年8月3日に滾石唱片からリリースされた鞠起の公式ソロデビューアルバム、台湾初進出作品です。

 

2曲目に収録、『一分鐘取暖』。 ちょっと林宥嘉の『想自由』に似ているかもしれない…。 北京の國際首席愛樂樂團がストリングスを担当しています。



http://youtu.be/uX8Vvftk1-o

 

収録されている6曲のうち5曲が鞠起のオリジナルです。 タイプは鞠起と同じく大陸出身の男性シンガーソングライター・李榮浩と似たAOR系ですが、アクが少なく、見た目を含め全体的に李榮浩よりも爽やかで明るい雰囲気ですね^^。 プロデュースは李漢群、颜仲坤、独立系レーベル・喜國娛樂Cheer Musicのボス・周世暉ら台湾勢が、ミュージシャンやエンジニアもほとんどが台湾からです。 3曲目『如水』では喜國娛樂所属の女性シンガーソングライター・呂莘Connieが周世暉と一緒にギターを担当していますね。 6曲目『一瞬間』の作詞作曲にはマレーシアのソングライター・Ezra Kongの名前も見えます。 中華圏全域での展開を考えているのでしょうか、小品ながら台湾だけでなく、中国、香港、シンガポール、マレーシア、日本、韓国の滾石唱片スタッフも製作に携わった、とても聴き心地の優しい良質のアルバムです。

 

鞠起は15歳のときに独学でギターを弾き始め、同時に楽曲創作も開始。 2006年、南開大學に進学して自身がボーカルを務めるフォークロックバンド・氪元素樂隊Mr.Krを結成すると、翌年いきなり3枚の自主制作アルバム、1st『我要去哪裡』(2月)、2nd『四季漫遊』(5月)、3rd『起居室live in room』(8月)を発表しました(…いずれもフルアルバム、2nd『四季漫遊』に至っては16曲も入っている)。

鞠起は毎週曲が生まれるというくらい多作な人で、以降確認出来るだけでも、4th『一半和另一半』(2009年2月)、ライブアルバム『好好聽氪天天向上Live』(2010年1月)、EP『正要起飛』(同5月)、2枚組5thアルバム『追風歲月』(2011年5月)、『漫長夏日全國巡迴live精選』(同9月)、EP『客廳現場』(2012年1月)、6th『另一半』(同6月)。 ソロでは『DEMO』(2009年12月)、『Demoes in Amherst 1 一個人生活』(2010年9月)、EP『Demoes in Amherst 2 古人歌』(同11月)、『Demoes in Amherst 3 回不了家』(2011年4月)。 また2009年にガールフレンドの小西(謝曉曦)と結成した男女2人組ユニット・Baby Fat小樂團として自主制作アルバム『Fat Imagination』(2011年3月)を。 そして2016年11月にバンド結成10年の節目となる現時点での最終作『漂浮城市』など、勉強をする時間があったのかしらと心配になるくらい膨大な数の作品をリリースしていますが、大学はキチンと2010年に終えているようで、卒業後は米・マサチューセッツ大学に留学。 帰国後は北京大学でさらに研究を続けたというのですから、これはもう凡人の想像が及ぶところの才ではないのでしょう。

 

15歳から楽曲を創作し始め、10年間で300近い作品を書いたという鞠起。 現在はもちろんそれを遥かに上回っているでしょう。 これだけ多作だと『以前聴いたような…』とか、『誰かの曲に似ているような…』と言われることもあるかもしれませんが、いま現れている自分らしさを、このまま上手に伸ばしていってくれたら…と僕は思っていますよ^^。

 

それでは皆さま、今夜はこの辺で。 sasanoji電台でした。

おやすみなさい。

 

* * * * * *

Facebook

KKBOX

* * * * * *

ガス欠寸前です…。

押していただけると嬉しいです…^^;。

にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« これはもう…Vast & Hazyという名の壮大なプロジェクトです。 | トップページ | 12月14日いよいよリリース、白安の3rdアルバム、もう待ちきれませ~ん! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これはもう…Vast & Hazyという名の壮大なプロジェクトです。 | トップページ | 12月14日いよいよリリース、白安の3rdアルバム、もう待ちきれませ~ん! »

通貨コンバーター

C-POPブログ、いっぱい。

無料ブログはココログ