【台湾ポップス】TW-POP bot

« 『Robynn & Kendy』の購入は、『YesAsia』 or 『HMV』? | トップページ | 3月1日は風和日麗。 光引擎、週休八日。 »

2013年2月22日 (金曜日)

宋文洲の『隕石発言』… 『不適切』か否か。

2013年2月15日にロシア西部・チェリャビンスクで発生した隕石落下映像を見て、これは現実か? CGではないのか? と疑った方もおそらくいたと思う。 僕も初めはそうだったから…。

直径10数メートル、重さ10トンの隕石は高度10kmあたりで空中爆発し、無数の火の球となってチェリャビンスクとその周辺の街に降り注いだ。 巨大隕石は通常、大気圏突入時の摩擦熱と圧力で徐々に扁平な形に押し潰されていく。 それが限界に達したとき、空中爆発が起こる。 今回の爆発エネルギーは広島型原爆の30倍に相当するとみられていて、この爆発で発生したソニックブーム(衝撃波)により、約4500棟の建物の窓ガラス、ドアが吹き飛んだ。 転倒したり、割れたガラスの破片を浴びるなどして負傷した人の数は1000人を超え、中には隕石の破片が直接当たって骨折した人、指を切断した重傷者も出る事態となっている。 チェリャビンスク州は被害総額が約10億ルーブル(約30億円)に上ると試算をしている。

* * * * * *

その2日後の2月17日、日本テレビの報道バラエティ番組『真相報道バンキシャ!』にコメンテーターとして出演した中国人経済評論家・宋文洲(ソンウェンジョウ)は、まさにこの隕石落下のニュースを伝えている中で、『巨大隕石が尖閣諸島に落ちて(島が)無くなれば(領土問題などの)トラブルもなくなる』という趣旨のコメントをした…いつもと変わらないアノ笑顔で。
そして20分後、鈴江奈々アナが『一部不適切な発言があった』と謝罪することとなった。

僕はこの話をTwitterで知った。 便利なものでその映像はスグさま有志によってYouTubeにUPされ、ほどなく自分でも確認することが出来た。 謝罪の対象事由については明言されていないものの、実際に隕石の落下で多数の負傷者が出たと報道している最中に、その『災害』を国家間の政治問題に絡めて『笑い』を取ろうとした彼の短絡的言動が、『不謹慎』、『不適切』に当たると判断されたのだろう…、僕は映像を見たとき疑うことなくそう思った。
ところが『宋文洲』、『sohbunshu』のキーワードでTwitter検索をしてみると、まるで様子が違う。 自分の目を疑った。 そこでは、『オモシロイ』、『宋さんが正しい』、『自分も尖閣に隕石が落ちて消えてしまえば領土問題は無くなると思う』、『一部視聴者(右翼)のクレームで日テレが謝罪をした』、『発言者の了解を得ず謝罪したのは人権侵害だ』等々、意外にも彼を擁護するツイートが多数を占めていたのだ。
東日本大震災の傷も癒えていない日本の中に、コレをジョークとして笑える人間がいる?
いったいどういう精神構造をしているんだ、コイツらは…と腹が立った。

そしてスグに気づいた。
彼を擁護する人々は、僕が不快に感じている部分などまったく気にしていないということに。

皆が皆、『尖閣』や『人権』、『法律』という言葉に目を奪われ過ぎていると思った。

* * * * * *

中国人である宋文洲が、ただ『尖閣を爆破したい』とコメントをしたのであれば、そこは別に驚くところでもない。 そもそも中国が欲しがっているのは『尖閣』という『島』ではなく、その『海域』で得られる利権…資源であったり、中国軍が太平洋にラクに抜けるための海道なのだから。 向こうにしてみれば願ったりだろう。 そして領土問題が消えてなくならないことも、当の中国人がいちばんよく知っている。 『釣魚島』が『琉球』に置き変わる…それだけの話だと。

宋文洲がストレートにそう言ったなら、僕は彼を正直なヤツだと認めていたと思う。
しかし彼は災害をジョークに利用した。 つまらないウケを狙って。
そしてこの災害で被害者が出ていることに未だ思いが至っていない。
自己弁護に終始している。

これが『不謹慎』、『不適切』でなくて何だというのか。

彼を責めるには、この一点さえあれば充分だ。

宋文洲のメルマガの読者広場 - Blog
宋文洲 - Twitter

« 『Robynn & Kendy』の購入は、『YesAsia』 or 『HMV』? | トップページ | 3月1日は風和日麗。 光引擎、週休八日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Robynn & Kendy』の購入は、『YesAsia』 or 『HMV』? | トップページ | 3月1日は風和日麗。 光引擎、週休八日。 »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ