【台湾ポップス】TW-POP bot

« sasanoji.radio Awards 2012 【Song of the Year】編 | トップページ | sasanoji.radio Awards 2012 【Album/EP of the Year】編 »

2013年1月18日 (金曜日)

sasanoji.radio Awards 2012 【Best Music Video】編

『Best Music Video』部門です。 候補は以下の6本。 選んだポイントは、まず1本の短編映像作品として成立しているかどうか。 それからストーリーの面白さ、メッセージの強さ、映像の美しさ、楽曲との一体感などです。

張靚穎『秋意濃』(導演 石穎芝、3AQUA Ent.)
 Jane_z_live
http://youtu.be/BJI-AssviX0

張懸『玫瑰色的你』(導演 羅景壬)
 Deserts
http://youtu.be/CMH-VJ9cvG8

拷秋勤(Kou Chou Ching)『官逼民反 Part.2 feat.張睿銓』(導演 李中)
 Photo
http://youtu.be/Gnw6PodQnQc

曹格『誰來陪我唱完這首歌』(導演 周格泰)
 Gary_chaw
http://youtu.be/Se-w8crlkVs

周杰倫『紅塵客棧』(導演 周杰倫)
 Photo_2
http://youtu.be/L6joGUdc6y4

新寶島康樂隊『家在高士』(導演 三角鉄“陳昇、王仁里、劉靜德”)
 Photo
http://youtu.be/uyTVsTi1Tzw

* * * * * *

張靚穎(ジェーン・チャン)は中国大陸・四川省出身の実力派女性シンガーです。 僕は台湾アーティストの作品、台湾盤を優先して聴いているので、よほど心動かされるものでもない限り、大陸アーティストのCDは購入しません。 そこには中国という国家に対する個人的な思想・信条のようなものも絡んでいて、これがなかなかに複雑で強固です。 『秋意濃』のMVにはその低くはないハードルを越えさせる魅力がありました。
この『秋意濃』は、1989年に安全地帯の玉置浩二がリリースしたソロシングル『行かないで』が原曲です。 同年12月、フジTV系で放送されたスペシャルドラマ『さよなら李香蘭』の主題歌となり、翌1990年、『李香蘭』の曲名で香港四大天王・張學友(ジャッキー・チュン)が広東語でカバーしました。 『秋意濃』は張靚穎のライブアルバム『傾聽』からの一曲。 姚若龍作詞による中文カバーです。 そのライブ映像を収録したDVDがセットになった2枚組バージョンもリリースされていたようで、上のMVはそこからカットしたものだったのかもしれません。 Tony SpruillのソプラノサックスとJakub Groosのピアノ、ジャズスタイルのシックな演出が張靚穎の情感溢れるボーカルに一層の深みを与えています。 アルバム全体の景色をイメージさせてくれたMVとして、強く印象に残っている作品です。

張懸(ジャンシュエン)は社会問題に強い関心を持って活動しているアーティストです。 歌詞はメッセージ性が濃く文学的。 しかも難解であるため、本来であれば映像を手助けに理解したいところですが、その映像のほうがまた難解…。
『玫瑰色的你』のMVを監督したのは台湾最重要のCMディレクター・羅景壬。 『玫瑰色的眼鏡(rose-coloured glasses)』(…バラ色のメガネ、あるいは楽観的の意)をキーワードに、現代社会の様々な問題を全3章に分けて描いています。
まず第1章『玫瑰色的』には多くの『死』が出てきます。 兵士の遺体、射殺された学者、救急車の中に横たわる男のハチマキには『FREE』の文字が見える。 バスタブの中で動かない二人は女性?、トイレで自ら命を絶った男、交通事故、飛び散った鮮血はすべてバラの花びらで表現されています。 遺体の顔を確認して崩れ落ちる家族の画はどこか北欧でしょうか…。 映像の中にはたくさんのヒントが隠されていて、どの死も現実にあった事件がモチーフとなっていることを窺わせます。 第2章『你(あなた)』ではその現場を見つめる男が登場します。 どうやら彼は小さな娘と二人暮らしのようです。 そして手には一丁の拳銃が握られている。 この男は『あなた』。 すなわち『僕ら』自身でしょう。 第1章で描かれた現実…戦争、言論弾圧、奪われる自由、同性愛への偏見、無差別の虐殺…。 それらの問題を見つめることしかしない『あなた』。 握られている拳銃は見殺しの象徴。 そして何事も無かったかのごとく目を背け戻る日常…。 痛烈です。 第3章『玫瑰色的你』、娘の差し出す一輪のバラの造花に癒されながらも、最後TVのリモコンをまさぐり身近な幸福すら傍観しようとする男の姿に虚しさを感じます。
『玫瑰色的你』の歌詞自体は淡々としていて、痛烈なメッセージなどは書かれていません。 でもなんだか、楽天的であってはならないと責められているようで…やっぱり痛いです^^;。 個人的『Song of the Year』のほうには入れませんでしたが、『音樂推動者大獎』や中華音樂人交流協會による『年度十大優良單曲』にはおそらく選ばれるだろうと思っている一曲です。

拷秋勤(Kou Chou Ching)は第19屆、第21屆金曲獎で最優秀バンド部門にノミネートされた、客家語と閩南語をメインとする実力派ヒップホップバンドです。 『官逼民反 Part.2』では日本による台湾植民統治開始から20年後の1915年…まだ抗日運動が激しかった時期に起こった最大規模の武力抗日事件『西來庵事件』について歌っています。 Part.1は清朝時代でした。 Part.3も現在準備中のようです。
張懸のあとに見るとメッセージがストレートでわかりやすいですね^^。 日本人にとっては重いですが、これからも台湾を好きでいたいのなら、ぜひ知っておかなければならない歴史です。

曹格(ゲイリー・ツァオ)と周杰倫(ジェイ・チョウ)は純粋に映像作品として楽しめました。 曹格はやや前衛的ではありますが、よく出来てますねー、このジオラマ。 CGじゃないですよねー^^。 周杰倫も見応えがありました。 これはロングバージョンとか用意してないのでしょうか。 Martin Scorseseが撮ったMichael Jacksonの『Bad』みたいなカンジで。
このブログに周杰倫が出てくることはほとんどありませんが、でも嫌ってるワケではないのです。 周杰倫のことはみんな書いているけれど、林綾を取り上げているブログって見たことある? 河豚子は? 川秋沙は? 見たことないでしょ? ココはそういうブログです。 普段取り上げないだけで、周杰倫だってちゃんと評価しているのですよ~^^。
新寶島康樂隊(New Formosa Band)は~笑いましたww。 こういうチンピラいそうですよねー、向こうには^^。 でもこれは陳昇(ボビー・チェン)たちが皮肉を込めて面白おかしく描いているのであって、貧富の格差、学校に行けない子供たち、理不尽な扱いを受けてもただ黙って耐えるしかない社会が現実に存在するということなのでしょう。 最後、陳昇たちの優しさを見た気がしました。

* * * * * *

もう1本、オフィシャルではないので候補からは外しましたが、特別賞をあげたいMVがあります。 映像集団・MixCodeが制作した閻韋伶×世外桃源(Utopia)の『Truth』です。 『Truth』はインディーズサイト・StreetVoice制作によるコンピレーションアルバム『StreetVoice夏季選輯』の収録曲で、台湾のラジオなどでも耳にすることはほとんどないと思います。 このMVもStreetVoiceのウェブサイトで見るしかありませんが、日本でも大きな社会問題となっている集団での『イジメ』を扱ったストーリーと切なくなってしまうくらい美しいメロディが相まって胸が締めつけられます。 祈るように見入ってしまうMVです。 曲にもMVにも注目してもらいたくて、ここで取り上げてみました。

閻韋伶×世外桃源(Utopia)『Truth [MixCode Ver.]』(導演 劉俊佑)

http://vimeo.com/64822114

« sasanoji.radio Awards 2012 【Song of the Year】編 | トップページ | sasanoji.radio Awards 2012 【Album/EP of the Year】編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« sasanoji.radio Awards 2012 【Song of the Year】編 | トップページ | sasanoji.radio Awards 2012 【Album/EP of the Year】編 »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ