« 符瓊音、待望の3rdアルバムをリリース! | トップページ | 呂薔、18歳。 マジか…。 »

2013年1月 3日 (木曜日)

紙片人・白安は、見かけによらず分厚い。

白安(バイアン)『麥田捕手』(2012)

Ann

中国語では痩せっぽちのひとのことを『紙片人』と呼んだりします。 孫燕姿(ステファニー・スン)や蔡健雅(ターニャ・チュア)、蔡淳佳(ジョイ・ツァイ)、それから戴佩妮(ペニー・ダイ)も以前はそう呼ばれていました。
体重34kg…。 彼女も間違いなくその一人。 陽の光に当たったことが無いのでは…そう思わせるほどに透き通った真っ白な肌。 触れればカシャリと軽い音を立てて壊れてしまいそうなくらい繊細な体躯…。 そして、ほかの紙片人たちと同様に彼女もまた、魅力的な歌声を備えています。
2012年12月21日リリース。 相信音樂(B'in Music)に所属する若手女性シンガーソングライター・白安(Ann)の1stアルバム、CDデビュー作です。

アルバムタイトルナンバー、1曲目収録の『麥田捕手』。 彼女の出演パートは北海道・函館で撮影。 男優のほうはフランス・モンサンミシェルまで飛んでいます。

http://youtu.be/e8tNF9thAkQ

僕が彼女の存在に気がついたのは昨年3月のこと。
台湾の男性ヒップホップアーティスト・布朗MrBrownの1stアルバム『用力』(2011年)収録の一曲『Somewhere』のMV、そこで布朗とデュエットしていたのが白安でした。


http://youtu.be/RUiXkhTcO1o

ブログフロントページのPlaylistにはずっと入れたままにしているので聞き覚えのある方もいらっしゃるでしょうか。 この曲はジュディ・ガーランドが歌ったミュージカル映画『オズの魔法使い』の劇中歌『Over the Rainbow(虹の彼方に)』がベースとなっています。 敢えて抑揚を抑えた布朗のラップと白安の大人びたハスキーボイスが絶妙にマッチした、都会的でセンチメンタルな一曲へと生まれ変わっています。 僕はこの歌声から白安が年季の入ったインディーズアーティストだとばかり思っていたのですが、調べてみてビックリ。 なんと1991年9月27日生まれ、華奢な外見が印象的な…まだ20歳そこそこの女の子だったのです。 こういったショックは王若琳(ジョアンナ・ワン)を初めて聴いたとき以来でした…。

* * * * * *

本名は未公表です。 白安は小学生の頃からギターやキーボードに親しみ、13歳のときにはもう創作活動を始めていました。 インディーズサイト・StreetVoiceに加入したのは2008年8月、16歳のときです。
今作のアルバムタイトルとなっている曲『麥田捕手』は彼女によれば、2007年9月28日、16歳の誕生日の翌日に作ったとのこと。 『麥田捕手』は英語名だと『The Catcher in the Rye』、日本語名だと『ライ麦畑でつかまえて』。 J.D.サリンジャーが1951年に発表した小説と同名です。 白安は16歳の誕生日に初めてこの小説…高校を退学となった16歳の少年がニューヨーク(汚い大人社会)を彷徨い、毒づき、葛藤する3日間を描いた、ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマンやロナルド・レーガン米大統領暗殺未遂事件を起こしたジョン・ヒンクリーの愛読書だったことでも知られるロングセラー…を読み、翌朝6時にピアノの前に座って書き上げたそうです。
彼女のプライベートについてはまだほとんど明かされていません。 でもこの小説は千回読んだというくらい主人公の少年に深く共感すると語っていて、当時の彼女の中にも欺瞞に満ちた社会への苛立ちが相当にあったことが窺えます。 『ライ麦畑でつかまえて』との出会いが、彼女の作風に大きな影響を与えたようです。

16歳の少女の作と知ったうえで改めて『麥田捕手』を聴くと、そこにゾッとするほどの才能を感じずにはいられません。 StreetVoiceにUPされたDEMO版のアクセス数は16万回を突破。 独特の世界観を醸し出す洗練された楽曲の数々はネット上で高い評価を受け、2008年、台北で2年に一度開催される巨大音楽イベント『簡單生活節(シンプルライフフェス)』に弱冠17歳にして出演。 この少女のどこから湧いて出たのか想像もつかないようなマイナーナンバー『Bird』(…アルバム6曲目収録)を歌って観客の度肝を抜きました。
白安はそれから4年の間に400もの楽曲を創作。 今回のアルバムにはその中から厳選した10曲を収録しています。

10曲目収録、首波主打『是什麼讓我遇見這樣的你』。

http://youtu.be/aVmZpcrQBU4

それにしても、なんと魅惑的なハスキーボイス…。
類い稀なる創作能力、痛々しいくらいの可憐な容姿に加え、これもまさしく天恵と呼んでいいものなのでしょう(…歯並びの悪いトコがまたチャーミング^^)。
行政院新聞局(現・文化部影視及流行音樂產業局)は昨年度、この才能に対して350萬元(約950万円)のアルバム製作補助を行なっています。 相信音樂から出された企画では製作・李宗盛(ジョナサン・リー)となっていましたが、もしそうなら2011年の楊宗緯(アスカ・ヤン)『原色』以来のフルプロデュース作品となります。 ※プロデュースは李劍青でした。

* * * * * *

まだ21歳ですが、白安からは蔡健雅(ターニャ・チュア)のような成熟したイメージと、同時にブラック系アーティストのような…ソウルフルなイメージも感じます。 この若さでいったいどんな音楽を聴いて成長すればこうなるのか…。 R&B、ソウル、ジャズ、あらゆるジャンルに対応出来る才能を備えた、早熟の新人です。
でもときおり素の少女っぽさも垣間見せてくれて、その可愛さも魅力の一つなのです^^。

白安ANN - Facebook
白安 - StreetVoice
相信音樂國際股份有限公司 - Facebook
相信音樂 - Website

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 符瓊音、待望の3rdアルバムをリリース! | トップページ | 呂薔、18歳。 マジか…。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 符瓊音、待望の3rdアルバムをリリース! | トップページ | 呂薔、18歳。 マジか…。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ