【台湾ポップス】TW-POP bot

« 香港から台湾へ…鄭家星、1st EPリリース。 | トップページ | 『hush!』には、『海辺のカフカ』がよく似合う。 »

2012年10月27日 (土曜日)

2012年の李韋は、Free Time。

李韋(リーウェイ)『下班族』(2012)

Alex_lee

10月3日にリリースされたインディーズレーベル・喜國娛樂(Cheer Music)所属の実力派男性シンガーソングライター・李韋(Alex Lee)の3rd EPです。

デビューは2009年。 これまでに1st EP『愛在都會巷弄間』(2009年)、2nd EP『當自由遇上寂寞』(2010年)、2枚のEP作品をリリース。 いずれも4曲入りで、彼自身が全曲の作詞作曲を手掛けています。
この『下班族』も前2作と同様4曲入りのEPですが、今回彼は作詞作曲にはタッチしていません。 ヴォーカリストに徹しています。 Alex Leeの暖かくソウルフルな歌声が心地良い一枚です。

1曲目は蔣一瑜作詞、周世暉作曲の『有風唱著歌』。 2曲目『不懂送花的男生』は同レーベル所属、高雄出身の男性ユニット・子安聖皓(ZA-SH)の聖皓(Sheng-Hao)が提供した楽曲です。
 
http://youtu.be/PtAfnrj2dEI
http://youtu.be/Y_0F_4yfJOI

李韋はシンガーソングライターとしてはかなり異色の存在です。
まず、楽器が弾けません。
そして、楽譜も読めません…。
ではどうやって作曲しているのかというと、携帯電話などにハミングで録音しているそうです。
彼は類い稀なる音感の持ち主でした。 脳内に半音単位でインプットされている音を、違わず表現出来る能力を備えていました。 故に皆から『半音王子』と呼ばれています。

生年は公表されていませんが レーベルのボス・周世暉(Terry Chou)、ディレクター・蔣一瑜(Christine Chiang)とはデビューの6、7年前から面識があったようで、喜國娛樂所属アーティストの中ではおそらく年長のほう、遅咲きのデビューです。
10年ほど前、学生時代はバスケットボールに熱中していましたが、どういう経緯か友人たちと結成したギターヴォーカルユニットでコンテストに出場することになり、彼一人ギターを持っていないのも不自然なのでマイクを持たされメインヴォーカルみたいになってしまった…。 それがきっかけで周世暉らに注目されたようです。
また、学生時代は国語と作文が苦手で、1st EPの作詞はすべて自身でしていますが、これは半ば会社の命令で書かされていたようです^^;。

今作のテーマはストレスジャングルの中を毎日走り回っているサラリーマンたちに贈る息抜きの時間…、大自然、『風花雪月』。 歌詞はそれぞれ『風』、『花』、『雪』、『月』をモチーフに描かれています。 作詞作曲は周世暉、蔣一瑜、子安聖皓(ZA-SH)の子安(Zi-An)と聖皓(Sheng-Hao)らが担当しました。
李韋の歌声からも、なにか開放された…リラックスした雰囲気が伝わってきます^^。

李韋 Alex Lee - iNDIEVOX
喜國娛樂 - Official Website

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 香港から台湾へ…鄭家星、1st EPリリース。 | トップページ | 『hush!』には、『海辺のカフカ』がよく似合う。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香港から台湾へ…鄭家星、1st EPリリース。 | トップページ | 『hush!』には、『海辺のカフカ』がよく似合う。 »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ