« 忘れ去られた台湾史 日本時代編 | トップページ | 【Track.9】 台湾人の声が聞こえない。 »

2012年9月18日 (火曜日)

ファッションリーダー・山東(Sadon)、CDデビュー。

※9月30日、記事に修正を加えました。

山東(Sadon)『我是山東』(2012)

Sadon_jacket Sadon

本名は李雯蕙。 1984年生まれ、台中市の出身。 亞神音樂(Asia Muse)から9月26日にリリースされる、ファッションリーダー・山東(Sadon)のデビューアルバムです。 プロデュースは創作才女・陳珊妮(サンディー・チェン)。 2年をかけて制作された、全10曲入りのフルアルバムです。

Sadonは自身で作詞作曲もこなすシンガーソングライターですが、このデビューアルバムには自作曲のほか、女性シンガーソングライター・許哲珮(ペギー・シュー)、魏如萱(Waa)、賴正芬(Fenney Lai)、蕭嫈殷(シャオ・インイン)や、女孩與機器人(The Girl and the Robots)のキーボード&ベーシスト・蛋(蘇玠亘)、旺福(ワンフー)のヴォーカル・姚小民、今年の金曲奬・最優秀バンド賞候補となった先知瑪麗(Mary See The Future)ら個性派と呼ばれるアーティストによる楽曲も多数収録。 潮人(ファッションリーダー)系音樂精靈・山東Sadonらしいカラフルな作品となっています。 6曲目、陳珊妮作詞、許哲珮作曲の『少女A』なんて中森明菜にインスパイアされたナンバーだっていうんだから、もぉ~早く聴きた~い! ※曲調、ぜんぜん違いました~^^;。 歌詞は80年代と現代の少女を対比した、『少女A』をイメージさせる内容となっています。

首波主打、5曲目に収録の『對我來說』。 見事に陳珊妮の色になっていますネ^^。
作詞作曲は蕭嫈殷。 陳珊妮のライブで前座を務めたこともある、Sadonとも相通ずる世界観を感じさせる新進個性派アーティストです。
 
http://youtu.be/Dkgr2aTmhIg
http://youtu.be/-yZYWvE0xXI

Sadonはもともとアパレルデザインやショップ経営で活躍していた、ファッションリーダー的存在のアーティストです。 音楽の世界に進出したのは2010年頃。 木村カエラ、Every Little Thing、Do As Infinity、ASIAN KUNG-FU GENERATION、椎名林檎ら日本人アーティストに大きな影響を受けているそうです。
あ…なるほど~、Every Little Thingの持田香織に雰囲気が似てるかも~^^。
彼女のWebsiteには『山東ストリートボイス』とか『サドン&フェイダー』とか、日本語もチラホラと見えますねー。

The_fader

The Fader(台湾)は、ギターのHitsuとRocha、ベースのJack、ドラムのLouisら男性ミュージシャン4名によって結成された彼女のサポートバンドで、このアルバムのラストに収録されている『自我介紹』は、2010年に『山東Sadon & The Fader』としてStreetVoiceにUPしていた楽曲です。
※到着したCDを確認したところ、今作にThe Faderは関わっていませんでした。 今回は林宥嘉や郁可唯、魏如萱ら多数のアーティストの作品に参加しているギタリスト・徐千秀(Chien Hsiu Hsu)、林宥嘉、陳珊妮、原子邦妮(Astro Bunny)のバックを務め、史茵茵のユニットにも参加していたベーシスト・程杰(Jay Cheng)、F.I.R.飛兒樂團Live Bandのドラマー・賴聖文ほか第一線で活躍しているミュージシャンが彼女を支えています。

それからもう一つ、今作では日本のファッションフォトグラファー・新田桂一さんが関わっているところにも要注目。 ブログを見ると6月に台湾でお仕事をされてるみたいですけど、それかな~?
ジャケ写は新田さんのお仕事です。
Sadonは新田さんが初めて撮った華人シンガーだそうですヨ。

我是山東 - Facebook
EastAndSadonTeam - Facebook
山東Sadon & The Fader - iNDIEVOX
山東Sadon - StreetVoice
二人三角影像創作工作室 - Facebook
Everyday is like Sunday. - Keiichi Nitta Official Blog

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 忘れ去られた台湾史 日本時代編 | トップページ | 【Track.9】 台湾人の声が聞こえない。 »

コメント

ashさん、こんばんは~。

尖閣問題で中国人が文句を言うのは、あ~やっぱり…ですが、
これで来日を取り止める台湾人アーティストがいるとは、台湾にもガッカリですわ~。
本省人の本音はぜんっぜん聞こえてきませんし…
国民党と同じ考えではないと思っているんですけどー。
そのあたりどうなのでしょう…?
工作員さんからの現地情報、知りたいです。

Sadonは~、顔は評価が別れるタイプでしょうか~^^。
音楽的には個性的なアーティストが集まっていて、おもしろそうですヨ。
ガキンチョだったらパスしたところですが、
これでアラサーだっていうので、なんかビビッと反応してしまいましたww。

いろいろ、
語りつくせぬことはありますが、
民間の音楽フリークレベルではがんばりましょう!!

しかし、この内容・・
鼻血でそうですね・・

でも、
わが社の工作員発売前に帰国しちゃう(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れ去られた台湾史 日本時代編 | トップページ | 【Track.9】 台湾人の声が聞こえない。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ