« Selfkill… 世の燻っている大人たちへ。 | トップページ | Weather Girls、日本デビュー! »

2012年8月 5日 (日曜日)

8月の台北に、『雪の女王』が舞い降ります。

音樂劇『雪后 The Snow Queen』(2012)

Poster

8月17、18、19日の3日間、台北松山文創園區1號倉庫で、アンデルセンの童話『雪の女王』を原作とするミュージカル『雪后』が上演されます。

主演はこの方。
B

シルエットだけでおわかりになったお客さま、素晴らしい! ^^

そうです。
唯一無二、独特の世界観で知られる実力派女性アーティスト・許哲珮(ペギー・シュー)です。
Peggyはこれまで児童劇団『如果』による2本のミュージカル…『小花(Lil' Flora)』(2008年初演、2009年再演)、バーネット原作の『祕密花園(The Secret Garden)』(2007年初演、2010年、2011年再演)で主演を務めてきました。 『祕密花園』では音楽も担当しています。
また2010年12月には、台湾の絵本作家・幾米(Jimmy)原作のミュージカル『走向春天的下午』に出演をするなど、自身の作品世界と共鳴する活動を積極的に展開しています。

コチラは音樂劇『雪后』のPVと、続々と寄せられるアーティストたちからの応援メッセージ。 壮観…というか鳥肌モノです! 何を言ってるのか僕はわからないんですけどね…わかる方、おしえて。 もぉ宇宙人のは思わず、『お前らなぁ…』とつぶやいてしまいましたヨ^^;。 下は関連映像。

  
http://youtu.be/ekb7HsFPGqs http://youtu.be/ia7U_lVPIh0
http://youtu.be/0nYB4_4wmPc
http://youtu.be/ouoxzYGw0Ow
http://youtu.be/JmyOANOJ3ow

8月17日にはサウンドトラックもリリースされるとのこと。 劇中では4thアルバム『雪人』の収録曲『樹』が『雪后版』として使用されるようですね。 彼女の作品には『樹』だけでなく、『冬』や『雪』をイメージさせる曲がたくさんあるので、ほかのも使われているといいな^^。
Ost 
http://youtu.be/RHTHQ4atz74

Peggyは昨年アルバムデビュー10周年を迎えました。
今回のミュージカル『雪后』は、その集大成的な作品でもあります。

雪の女王が、真夏の台北に降り立ちます。

許哲珮 - iNDIEVOX
peggyhsu.com - Official Website
許哲珮 - Facebook
彎的音樂(Wonder Music) - Website
如果兒童劇團 - Facebook

* * * * * *

宮崎駿もショックを受けたという、レフ・アタマーノフ監督による『雪の女王』(1957年、ソ連)。

http://youtu.be/4T1TdghHedo

あらすじ
幼なじみの少年カイと少女ゲルダ、二人はとても仲良しでした。
ところがある日、カイの眼と胸に割れた悪魔の鏡のカケラが刺さってしまい、彼の性格は一変します。 やがて吹雪とともに雪の女王が現れ、彼女に魅入られたカイはそのままついて行ってしまうのでした。
ゲルダはカイを探す旅に出ます…。

« Selfkill… 世の燻っている大人たちへ。 | トップページ | Weather Girls、日本デビュー! »

コメント

ashさん、こんにちは~。

しょこたんの父ちゃんですねー。
父ちゃんと呼ぶにはもったいない若さで逝ってしまいましたが…。
むかし『白虎隊』か何かのドラマで沖田総司役を演ってましたね。
カッコイイ方でした。

しょこたん、脚の長さは貰わなかったのかな…
Peggyも脚、あんまり長くなさそう^^;。

おぉーー!!
しょこたんには、

http://blogs.yahoo.co.jp/ashmama1125/35061158.html

このような血も流れていますからねぇ・・・

ashさん、こんにちは~。

Peggy、今月ミュージカルに出演するのですよ~。
たぶんゲルダ役で。
童話だったら中国語わからなくても楽しめそう^^。

それにしてもアーチストたちのリスペクト度がハンパじゃないですね。
すごいス。

関係ないですけど、
しょこたんには日本のPeggy Hsuになってほしいと思ってるんですわww。

なっ!!
なんですかこれは??
うーーーん・・
気になる!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Selfkill… 世の燻っている大人たちへ。 | トップページ | Weather Girls、日本デビュー! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ