« 僕がC-POP購入でよく利用するOnline Shopは…。 | トップページ | Cozy diaryが3rdシングルをリリースしましたよ~。 »

2012年7月 7日 (土曜日)

小白兔唱片のポストクラシカルアンサンブル、Cicada。

Cicada『一起走吧 Let's Go!』(2012)

Cicada

結成は2009年。 今年1月まで台北のライブハウス『The Wall』と同じ公館地下に本拠を置いていたインディーズレーベル・小白兔唱片(White Wabbit Records)に所属する、C-POP界ではかなり珍しい、ピアノを中心としたポストクラシカルアンサンブルです。 構成はピアノ、バイオリン、チェロの女性3名と男性ギタリストが1名の4人組(結成時はバイオリンが2丁の5名編成だった)。
7月01日、Cicadaは9曲入りの作品集『一起走吧 Let's Go!』をリリースしました。 前作『散落的時光 Pieces』のリリースが昨年9月でしたから、10ヶ月足らずでの新作ということになりますね。

5曲目に収録されている『蹦蹦(boom boom)』。 演奏の様子がUPされていました。

http://youtu.be/INAJMC2GhhE

本作『一起走吧 Let's Go!』は、2010年10月に出版された台湾の若手女流作家・李維菁(リーウェイジン)の小説『我是許涼涼』をモチーフに制作されました。 『我是許涼涼』は、年齢に関わらず女性たちの中に存在する『少女』の部分を、ロマンチシズムに片寄ることなく描いた中・短編集。 少女の持つ強い意志、何者にも動じない信念…それは彼女たちにとって原動力であり、ときに束縛ともなる。 ピアノを担当するユニットの中心メンバー・江致潔(Jesy)はこの小説に影響を受けて、そんな『少女』たちの姿を作品世界に活かしたいと考えたのだそうです。
一聴するとBGMにも出来そうなアンビエントな雰囲気も漂ってきますが、繊細で予測不能なメロディーはそれを許さない。 電子楽器を使っていませんが、これもポストクラシカルと呼んでよいのでしょうか…温かさと切なさを併せ持っているサウンドです。 ぜひじっくりと聴き込んでみたい作品ですね。

Cicada(Taiwan) - Facebook
小白兔音樂城(White Wabbit Records) - Online Music Shop
White Wabbit Records 小白兔唱片 - Blog

* * * * * *

Cicadaは2009年の秋、作曲とピアノを担当する江致潔(Jesy)、バイオリンの張靖英(Anne)と方昕(Ashley)、チェロの林宛縈(Wan-ing)、男性ギタリスト・林村宜(Vincent)ら5名によって結成されました。 メンバーのほとんどが芸大の出身で、音楽理論を専門に学んだアーティストたちです。
正確な活動開始時期はよくわかりませんが、Myspaceにユーザー登録されたのは2009年8月15日。 2010年1月1日付で彼らの処女作となるダウンロードEP『Over the Sea/Under the Water』の6曲がUPされています。
またこの時期、江致潔はCicadaと同じく小白兔唱片に所属するシューゲイザーバンド・川秋沙(Goosander)のキーボード奏者も務めていました。 川秋沙はもともと2009年に林村宜らと結成したバンドで、二人は掛け持ちをしていたのですね。 江致潔は川秋沙が2011年5月にリリースした1st EP『春日遲遲』にも参加をしています。

『最後 仍在一起(Finally...we're still together)』。 2010年3月21日に行われた5人での練習風景。 右はEP1曲目に収録されているタイトルナンバー『Over the Sea/Under the Water』。
 
http://youtu.be/kXqIkwv-vFA
http://youtu.be/qofXNqMGd-I

このMVから1ヶ月後の4月22日、彼女たちのFacebookにポストロックバンド・阿飛西雅(Aphasia)との合同ライブの告知が出ていました。 ここではもうバイオリンの方昕(Ashley)が抜けた4人体制となっていますね。 彼女たちは3月24日にThe Wallで行われたアイスランド出身のポストクラシカルの貴公子・Ólafur Arnaldsのライブで前座を務めています。 これがCicadaの本格的なライブデビューということになるようですが、そのときは5人で演奏しているので、方昕が抜けたのはその直後ということでしょう。 上のMVの曲に付けられたタイトルから想像すると、そのときにはもう別れが決まっていたのかもしれません。
阿飛西雅については以前、小白兔唱片所属の女性シンガーソングライター・鄭宜農(チェンイーノン)のデビューアルバム『海王星』をピックアップしたときに少し触れたことがあります。 小白兔唱片は阿飛西雅の女性ベーシスト・KK(葉宛青)が1999年に立ち上げたインディーズレーベルで、今年の1月19日までThe Wallと同じ公館の地下に本拠となるショップを開いていました。 現在は2009年にオープンした師大店のほうに拠点を移しています。 The Wall店の閉店に際しては、The Wall Live Houseとともに歴史を刻んできたことから惜しむ声も多かったようですが、そもそもThe Wall店と師大店が至近な上、師大店のほうが立地的に利用しやすいこと、The Wall店はコンサートで満員になると店内に入りにくいなどの理由もあって決断をしたようです。

話が逸れてしまいました。
CicadaがMyspaceにUPした6曲は2010年8月、自主製作に近い形でCDリリースされました。 これは彼女たちも一緒になって手作りした作品で、不良品を除いた983枚が発売されましたがアッという間に売り切れてしまったそうです。 年末には正式盤も発売されましたが、こちらも今では入手が困難です。
処女作となったEP『Over the Sea/Under the Water』は、コアな洋楽ファンからの信頼が厚かったポストロック系オンラインマガジン『The Silent Vallet』(現在はClose状態、Twitterで稼働中)選定の『The Top 100 Release of 2010』で100位にランキングされ、海外からも注目を集めました。 この作品はMyspaceのほか、iTunesemusicでも試聴・購入出来ますので、ご興味のある方はぜひ^^。

Cicadaは2011年9月に1stアルバム『散落的時光(Pieces)』をリリース。 前作をより深く追求した内容となっているようです。 この作品からギタリストが江睿哲(Bambi)に変わっています。 5月までは林村宜(Vincent)がやっていたので、このアルバムのレコーディングからということでしょうか。 林村宜もようやく川秋沙に専念する形で落ち着きました。

『湖面的盡頭(Lake's End)』、『晨霧(Drowning in the Fog of Yours)』、『晨霧』の舞踊版。
  
http://youtu.be/gjAe4ZfbGuo
http://youtu.be/5d_Ds4no5z0
http://youtu.be/dhav-vixYYk

僕がCicadaの存在を知ったのは、昨年鄭宜農をピックアップしたときです。 彼女のデビューアルバム『海王星』は、阿飛西雅を始めとして小白兔唱片に所属するバンドが多数参加した、レーベル10周年を記念するような作品でした。 その中にはもちろんCicadaも含まれていて、キーボードやストリングス、江致潔はストリングスアレンジも担当しています。 また、林村宜もギタリストとして参加していました。
小白兔唱片にはうつむいてギターを弾いているイメージを一方的に抱いていたので^^、Cicadaみたいなバンドもいるんだなあとちょっと意外に思った記憶があります。

『Cicada(蝉)』というバンド名については、セミは長く地中にいて、ある日突然声だけが聞こえてくる…。 控えめに姿を隠して音のみを印象づける、そんなイメージから付けられたとのことです。

* * * * * *

関連記事
小白兔唱片の新星、鄭宜農。 (2011年7月16日)

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

* * * * * *

コメント

ASHさん、こんにちは~^^。

The Wall店、行かれましたか…
どんな感じになってたのでしょう…
僕は台湾を含め外国には行ったことがないのでフロアの見取り図や写真を見ながら
お店の雰囲気を想像するだけだったのですけど、
やっぱりそこに無いと思うと寂しい気がしますよねー。
師大店も写真で見ると、とても雰囲気が良さそうですけどネ。

川秋沙、購入されましたか!
じつは川秋沙の記事、書きかけのままボツになってしまいました…。
なかなかネタというかストーリーが集まらなかったんですよねー^^;。
どうでしたか? ぜひご感想を知りたいです…て、ASHさんのブログっていずこなのでしょう…
僕がよく行ってるお部屋なのでしょうか…
ひょっとして、別のハンドルネーム使ってらっしゃいますか?
台湾旅日記、ぜひ拝見したいのですけど…。(=´Д`=)ゞ

※あ、わかりました^^。
  たいへんだ! ものすごいお腹減っちゃった^^。

投稿: sasanoji | 2012年7月 7日 (土) 13時15分

先月の事ですが、小白兔唱片に行ってまいりました。
移転したことを失念しており、
先ずThe Wallまで行き、その後MRTで移動してしまいました(笑

このアルバムもプッシュしておりましたが、
今回は川秋沙(Goosander)を購入してきました。
今回の台湾ではCDたくさん買ってきましたよ!!

(ほとんどこのページで情報収集したものですが(爆)

ブログにて、
近いうちに今回の台湾旅日記が始まる予定です・・

よろしかったら覗いてみてください。

投稿: ASH | 2012年7月 7日 (土) 11時21分

« 僕がC-POP購入でよく利用するOnline Shopは…。 | トップページ | Cozy diaryが3rdシングルをリリースしましたよ~。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕がC-POP購入でよく利用するOnline Shopは…。 | トップページ | Cozy diaryが3rdシングルをリリースしましたよ~。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ