« 史茵茵、今夏東京初ライブ決定! | トップページ | 台北市、日本の修学旅行市場を開拓。 »

2012年6月 7日 (木曜日)

Robynn & Kendyのデビューアルバム、6月13日リリース!

Robynn & Kendy『首張同名專輯』(2012)

Robynn_kendy

Robynnは昨夜、Kendyはきょう未明、二人のFacebookそれぞれに情報がUPされました。
デビューアルバム、6月13日リリースです!

待ちました! 待たされました! …というより、告知一週間後にもうリリースですかー。 なんとも慌ただし~いワクワク感です^^;。 内容はCD2枚+DVDの3枚組!
CD1には、すでにオフィシャルMVがUPされている『小說伴咖啡』、『翻牆』を含む新曲6曲を収録。 CD2は、昨年7月のユニット結成以来彼女たちがYouTube上にUPしてきたカバー曲の中から、ブレイクのキッカケとなった劉德華(アンディ・ラウ)の『你是我的女人』ほか、張震嶽(チャン・チェンユエ)の『思念是一種病』、胡夏(フー・シァ)が歌った台湾映画『那些年,我們一起追的女孩』の主題歌『那些年』など5曲をチョイス。 全11曲のうち広東語が7曲、北京語が4曲という構成になっています。
DVDには新曲『翻牆』、『小說伴咖啡』、『Sunset』のMVとメイキングが収められているようですね。

現在YesAsiaでは予約受付中。 香港環球音樂(Universal Music)作品ということで、台湾の博客來、五大唱片にはまだラインナップされていません。 んん~しょうがない、今回はYesAsiaにしておこうかな…^^;。

環球唱片(香港) - Website
Robynn Yip - Facebook
Kendy Suen - Facebook

* * * * * *

今回CD2に収録された『思念是一種病』は、張震嶽(チャン・チェンユエ)が2007年にリリースしたアルバム『OK』収録の同名曲がオリジナルです。 Robynn & Kendyは昨年8月、そのカバーMVを『思念是一種病×Where is the Love』のタイトルでYouTubeにUPしました。 ただ…これがちょっと複雑な構成のカバー曲で、単純に張震嶽をカバーしたのではなく、タイトルにあるとおりアメリカの人気ヒップホップグループ・The Black Eyed Peasの『Where is the Love?』をミックスした形となっているのです。

左上から、Robynn & Kendy『思念是一種病×Where is the Love』、張震嶽『思念是一種病』、The Black Eyed Peas『Where is the Love?』、齊秦『思念是一種病』、米マサチューセッツ州・タフツ大学の男性アカペラグループ『Beelzebubs(The Bubs)』との即興ジャムによる『思念是一種病×Where is the Love』。
 

  
http://youtu.be/B99-zxQXU74
http://youtu.be/9ei1PUmDz98
http://youtu.be/WpYeekQkAdc
http://youtu.be/1kF_wUKmbU0
http://youtu.be/aq6mnMX5AzQ

YouTubeにUPされていた『思念是一種病×Where is the Love』を最初聴いたとき、この2曲をミックスしてしまおうと考えた彼女たちを想像して思わずニヤリとなってしまいました。 とにかく似ているのですよー、この2曲は^^。 構造的に。 同じビート、リズムの上に違和感なく乗っかる。 それをなんの衒いもなくやってのけてしまった、これはもう二人のキャラクター勝ちというほかないのでしょうねー^^。

The Black Eyed Peasの『Where is the Love?』は2003年リリースのアルバム『Elephunk』に収録されている、Justin Timberlakeをフィーチャーした世界的大ヒットナンバー、彼らの出世作です。 その後DJやクリエイター、アーティストらによるリミックスバージョンのみを集めたコンピレーションアルバム等もリリースされました。

張震嶽の『思念是一種病』を作詞作曲したのは齊秦(チー・チン)と張震嶽、二人の名前がクレジットされています。 そもそもこの曲の骨格となっているのは、齊秦の1989年のアルバム『紀念日』に収録されている同名曲、『思念是一種病』で…つまりこれもオリジナルを活かしたリメイク作品だったのですね。 元の歌詞はひじょうにシンプルで、張震嶽版のオープニングやサビの部分で繰り返し使われています。

この2曲、曲調も似ているのですが、途中女性ヴォーカルが入ってくるあたりもソックリです。 The Black Eyed Peasはアルバム『Elephunk』から女性シンガー・Fergieが加入、スタイルの幅が拡がったことで大きくジャンプアップをしました。 『Where is the Love?』でも彼女の歌声が良いアクセントとなっています。 張震嶽の『思念是一種病』では蔡健雅(ターニャ・チュア)がゲストで参加して、Fergie、Justin Timberlakeと同様の役割を果たしているようですが…そのあたり意識はしていたのでしょうか。 それとも偶然だったのか…。 その頃僕はまだC-POPを積極的に聴いていなかったので、当時の詳しい様子がわかりません^^;。

今回CDに入っているのは果たして張震嶽版か、それともYouTube版か…
やっぱり張震嶽版かなぁ…楽しみに待ちますかねー^^。 あ、その前にまず予約しなきゃ…。

* * * * * *

関連記事
Robynn & Kendy『小說伴咖啡』、本人顔出しバージョン。 (2012年5月07日)
Robynn & KendyのオフィシャルMV第2弾がUPされました。 (2012年4月26日)
驚愕のハイクオリティー! 香港の女性デュオ『Robynn & Kendy』、メジャーデビュー!
(2012年3月16日)

* * * * * *

コメント

musicaさん、こんばんは~^^。

買って来ましたか~。
どんな感じですかねー、お時間のあるときにでも、ご感想などお教えくださいまし~^^。

僕のはおととい発送されたみたいだけど、あと数日かかるのかなぁ…
そのかわり、きょう『火星熊』が届いたから^^。
ロビ・ケンにだって負けてないゾ。 “(`(エ)´)ノ彡☆ !!

投稿: sasanoji | 2012年7月 1日 (日) 23時44分

香港で買ってきました!
Robynn & Kendy 好好聽呀~♪

投稿: musica | 2012年7月 1日 (日) 20時23分

« 史茵茵、今夏東京初ライブ決定! | トップページ | 台北市、日本の修学旅行市場を開拓。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 史茵茵、今夏東京初ライブ決定! | トップページ | 台北市、日本の修学旅行市場を開拓。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ