« 林宥嘉の初監督ムービー、6月18日公開。 | トップページ | 環保之星・林宥嘉の初監督ムービー、公開。 »

2012年6月16日 (土曜日)

火星熊、アルバム出るよ~。 (◕ฺ ◡ฺ ◕ฺ)ノ

火星熊(フォシンシュン)『同名創作專輯』(2012)

Photo_1_4 しっかりとしたダンボールケース入り(LaLaのよりも^^)。

珍妙な名前のユニットが現れました~^^;。
『火星熊』…英語名はMars & Coara。 阿爾發音樂(Alfa Music)所属の女性2名、『火星(Mars)』と『熊(Coara)』によるデュオユニットです。
火星熊は6月22日、亞神唱片(Asia Muse)から1stアルバム『火星熊同名創作專輯』をリリースします。 カラオケ・インスト4トラックを含む全14曲入りのフルアルバムです。

首波主打、『青玉案』。

http://youtu.be/xoN8ASrKoT8

色モノかと思ったら、けっこう正統派でしょお~^^。
『青玉案』というのは、特定の旋律を持った67字からなる宋詞のスタイルです。 南宋時代の政治家で優れた詞人でもあった辛棄疾(しん・きしつ、1140–1207)の『元夕』はとくに有名で、ご存知の方も多いと思いますが、中国の検索サイト『百度』の社名はその『元夕』の一節、『衆里尋他千百度(群衆の中、想い人を探すこと数限りない…私訳^^;)』に由来することでも知られています。
首波主打となったこの火星熊版『青玉案』では、そんな切ない心情をモチーフに現代の歌として蘇らせています。 韻を踏んだ歌詞は心地よく、『元夕』の詞にあったフレーズもアチコチに散りばめられていますね。

6月25日にUPされたオフィシャルMV第2弾、熊と火星ふたりの作詞による『我們之間』。

http://youtu.be/0VlOGOB6Uok

彼女たちのキャッチフレーズは『萌太奇女孩』…つまり『モンタージュガール』。
理知的でクールな雰囲気のシンガーソングライター・火星と、アイドルっぽいヴィジュアルでダンスもこなすヴォーカルの熊というまったく違う二つの個性が出会い、ポップス、ジャズ、ロック、クラシックなど様々なジャンルの音楽を『蒙太奇(モンタージュ)』したようなスタイルが誕生した。 だから、『萌(蒙)太奇女孩』…。
でも安っぽくはない。 それはたぶん火星が創り出す楽曲のチカラだ。 文学的でとても奥深い…。 MVに出てくる歌詞を眺めているだけでは歌のイメージが掴めない…難しい。 なかなか世に出づらいタイプのアーティストかもしれない。 それを華やかに包んで魅せてくれているのが、熊だ。
熊もシンガーとして一人で出るのはちょっと難しかったと思う。 デビュー出来たとしても一過性のアイドルで終わっていたかもしれない。 彼女がしっかりと立てるのは、やはり火星の引力があってこそだ。 会社側の戦略で生まれたユニットだったとしても、互いを支え合う良い組み合わせだと思う。
このユニット、長続きしてくれればけっこう独特の世界観を出してくれそうな気がする。 先日アルバムデビューした香港の女性デュオ・Robynn & Kendyが直球なら、こっちは台湾の魔球だ。

それにしても『火星熊』よ…この名前でよかったのか? (◕ฺ ◡ฺ ◕ฺ)ノ

ALFAmusic 阿爾發音樂 - Website
Mars&Coara火星熊 - Facebook
水精靈~熊將(熊チャン) - Facebook

* * * * * *

二人の詳しいプロフィールはまだ公開されていません。
楽曲創作&演奏・ヴォーカル担当の『火星(Mars)』こと林理惠(…日本人ではないみたいです^^)は高校時代から数多くの創作音楽コンテストに参加、大学では自分のバンドを結成し音楽活動をしていました。 阿爾發音樂所属の…現在は男性二人組となってしまったユニット・南拳媽媽(ナンチュエンママ)のメンバー・宇豪とは大学の同級生だそうで、彼が1981年生まれということですからおそらく彼女もその前後ではないでしょうか。 理惠と宇豪は大学卒業後、阿爾發音樂でアルバム製作など裏方をしながら音楽のノウハウを学び、宇豪は2004年、当時レーベルに在籍していた周杰倫(ジェイ・チョウ)プロデュースのもと南拳媽媽としてデビューをしました。 翌2005年リリースの2nd『2號餐』では理惠も1曲、『橘子汽水』の作詞で参加をしています。 また、ジャズバンドに加入してライブなども行なっていたようです。

ヴォーカルをメインに務める『熊(Coara)』こと黃教惠はちょっと変わった経歴の持ち主です。 このユニットを結成する前、彼女は俳優・劉畊宏(ウィル・リウ)の紹介で日本でも有名な台湾のトップマジシャン・劉謙(リウ・チェン)のアシスタントガール『魔術女郎』を務めていました。 海外公演など大きなステージをいくつも経験しているそうです。
劉謙と教惠はともに敬虔なクリスチャンで、同じキリスト教団体『新生命小組教會・大九牧區』の同じ小斑に所属しています(ひょっとしたら二人は同郷?)。 メンバーページにはまだ子供っぽい教惠の写真が出ていますが、この頃からもう『無尾熊(コアラ)』のニックネームで呼ばれていたのですね^^。 その小斑のリーダーが『VIVI』こと女優の王婉霏、そして3つの小班を束ねているのがVIVIの旦那さんである劉畊宏でした。 教惠は劉畊宏にとって妹のような存在で、彼女がジャズダンスグループでダンサーをしていることも、表現力が豊かなことももちろん知っていました。 それで彼女を劉謙に推薦したようです。
でも教惠本人は音楽への情熱のほうが強く、当初劉畊宏は自分のところの新人として彼女と契約するつもりだったらしいのですが、ならばレコード会社に入ったほうが道が開けるとだろうとそちらに進めるよう援助したのだそうです。 なぜ阿爾發音樂だったのかはよくわかりませんが、劉畊宏自身歌手であり、かつてレーベルに所属していた親友・周杰倫(ジェイ・チョウ)や温嵐(ランディー・ウェン)、創設者で歌手の吳宗憲(ジャッキー・ウー)らに詞を提供した作詞家でもあるということで、そのあたりの人脈からだったのでしょうか…。

阿爾發音樂は周杰倫を発掘したレーベルとして知られていますが、2007年に彼との契約が満了して以降は所属する有名アーティストの離脱が相次ぎ旗下芸人はほぼ皆無…、現在の主力は周杰倫が立ち上げたレーベル・杰威爾音樂(JVR Music)から2010年に出戻った南拳媽媽のみという状態でした。 昨年阿爾發音樂は移転をするとともに業務形態を製作及びブローカー会社に変更。 火星熊は新生・阿爾發音樂から生まれた初めてのアーティストとなります。
二人の売り出しについては、彼女たちが出演する連続モノのショートドラマを制作しネットTVで無料放送したり、マイクロソフトとタイアップしてウェブサイト上でMVを流すなど、映像を絡めた、ひじょうに効果的なイメージ戦略が採られています。

コチラがそのドラマ、『火星無尾熊』(全5回)。 共演は張睿家(ブライアン・チャン)。
  

  
http://youtu.be/rKCJV0bJoUw
http://youtu.be/iIuuTOc7QPk
http://youtu.be/lFYgFd3azHM
http://youtu.be/Rq_1tiEL-vw
http://youtu.be/FEmduuxuDcE
http://youtu.be/SEO3Vn4m1ws

林理惠は、なぜ『火星』なの…?

* * * * * *

僕の『ビビッとレーダー』はいったい何に反応しているのだろう…、自分でもよくわからない。
最近デビューした新人ということでいえば陳芳語(Kimberley)もいるけれど…ビビッと来なくてスルーしてしまった。 でも火星熊には反応した…。 楽曲の優劣とかではないのだと思う。 何か好みの音の響きとかリズム、アレンジ、アーティストが醸し出す雰囲気…そんなものでもあるのかな?
う~ん、わからない…^^;。

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 林宥嘉の初監督ムービー、6月18日公開。 | トップページ | 環保之星・林宥嘉の初監督ムービー、公開。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林宥嘉の初監督ムービー、6月18日公開。 | トップページ | 環保之星・林宥嘉の初監督ムービー、公開。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ