« 第23屆金曲獎の視聴率、過去12年間で最高を記録。 | トップページ | Wantingは、C-POPを身近にする突破口になる。 »

2012年6月26日 (火曜日)

7月28日、JS…渋谷に現わる!!

AWA『愛の行方 “Love Unlimited”』(2012)

90年代から渋谷を中心に都内各所のライブハウス、クラブ等で活躍し続けている実力派女性シンガー・AWAの1stシングル『愛の行方 “Love Unlimited”』が、クラブ発信のニューレーベル『afire sound syndicate』から7月28日にリリースされます。

え~と…タイトルと内容が違ってますか?
ではとりあえず、下のPLAYボタンをクリックしていただくと…スゴイのが出てきますぜ^^。


http://soundcloud.com/taro-asakusa/awa-love-unlimited-justin

なんとこのリミックス、JSのお兄ちゃん・ジャスティンがやってます!

AWAの1stシングル『愛の行方 “Love Unlimited”』は、MISIAら多数のアーティストの作編曲を手がけている松井寛氏がサウンドプロデュースをした作品で、オリジナルトラック1曲にDJ SAWAら大物DJのリミックス等を収録した全8曲入りとなっています(ボーナストラック含む)。
松井寛氏と言えば、先月JSが3年4ヶ月ぶりにリリースしたニューアルバム『聽見』のラストに、『Take A Chance[Royal Mirrorball mix]』バージョンで参加をしていましたよね。 おそらくその辺りのつながりだと思うのですが、このCDにはお兄ちゃんのリミックスも入っているのですよ~!
上の『Justin Chen's remix』(トラック4)のほか、トラック8には『Justin Chen’s Dub mix』も収録されていますねー。
松井氏はジャスティンのリミックスを最初に聴いたとき日本的な『侘び寂び』を感じて驚いたそうですが、あーそうかぁ…C-POPって日本の第一線で活躍しているミュージシャンにとってもまだまだ遠い存在なんだなーと、ちょっと残念に思ってしまいました。 JSを知っていれば、そこはとくに驚くところでもないんですけどねー^^;。

このCD、1000枚限定のリミックスエディションということで、JSファンにとってはかなり希少な物件になることが予想されます。 購入はレーベルのウェブサイトから直接注文するか、音のみであればiTunes Storeからもダウンロード購入出来ます。 ただしそちらは収録内容がCDとは異なっているとのことです。

それからもう一つ、7月28日に渋谷のクラブ『amate-raxi』にて開催されるCDリリース記念イベント『UNLIMITED』でも購入が可能です。 いや、むしろコチラのほうが重要!
このライブ、松井氏はもちろん、DJ SAWA、DJ BIRABIRAらリミックスを担当したアーティストのほか、AWAゆかりのDJが多数出演する豪華なスペシャルパーティーらしいのですが、、、

JSも出ますっ!

大事なことですので、もう一度書きます。

JSも、出ますっ!!

JS、日本初ライブですよー!!! (…でしたよね?)

いや~ビックリしました。 まさか~、こんなカタチで実現とは~。
スゴイ行きたい~! でも…お金がないの…。 (つд⊂) エーン
詳しくは、afire sound syndicateのWebsiteでご確認くださいませ~。
行かれた方…ライブの感想など、お待ちしておりますぅ…。 |ω・) ヒュウウ~

僕はCDだけでも手に入れるかなー。 φ(・ω・ ) メモメモ

AWA - Facebook
awa ★ diary - Blog
afire sound syndicate - Official Website
AMRAX(amate-raxi) - Website
JS(Justin & Sophia) - Facebook
傷心量販店(Justin Chen) - Blog
蘇菲亞的秘密(Sophia's Secret) - Blog

* * * * * *

コメント

YOUCOさん、こんばんは~。

JS、演るんですよねー。
行きたいけど~、おカネ無いし~、クラブだし~^^;。
猛者DJがイッパイ集まるところで、JS…大丈夫かな。
ちょっと心配…。(^-^;

Sophia、渋谷にいれば目立つだろーなぁ。
ヒロくんはお留守番ですかね?

台湾はインディーズのチカラが強いので、インディーズ同士で交流を深めていったほうがいいかも。 日本もそろそろメジャーの時代は終わって、インディーズが割拠する時代が来るでしょうから。

投稿: sasanoji | 2012年6月27日 (水) 21時38分

そうなんですよね。やっとJSの新譜を博客来から買って、この松井さんをたまたま調べていてのツイッターを発見して知りました。
兄さん、日本初仕事ですかね~。そしてライブまで・・・。
ただ子持ちにはスタートが遅すぎ~。涙  ってことで。

「C-POPって日本の第一線で活躍しているミュージシャンにとってもまだまだ遠い存在なんだなーと」

これは同感。でもこの状況が10年変わってないってことがなんだかな~って。もっともっとコラボしたり、日本のアーティストも積極的に台湾でライブ行ったりしたほうがいいんじゃないかと思いますね。

投稿: YOUCO | 2012年6月27日 (水) 20時41分

« 第23屆金曲獎の視聴率、過去12年間で最高を記録。 | トップページ | Wantingは、C-POPを身近にする突破口になる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第23屆金曲獎の視聴率、過去12年間で最高を記録。 | トップページ | Wantingは、C-POPを身近にする突破口になる。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ