« 第23屆金曲獎・最優秀国語男性シンガー賞 -ノミネート編- | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀新人賞 -ノミネート編- »

2012年5月17日 (木曜日)

第23屆金曲獎・最優秀国語女性シンガー賞 -ノミネート編-

第23屆金曲獎最佳國語女歌手入圍者

昨年僕は林凡(フレヤ・リン)と莫文蔚(カレン・モク)のどちらかと読んで、当然メジャーどころの莫文蔚をハズし林凡を推したのですが…結果は莫文蔚が二度目の受賞、そして結婚を発表しました^^。

今回ノミネートされたのは…
A-Lin『我們會更好的』
孫燕姿(ステファニー・スン)『是時候』
田馥甄(ティエン・フージェン)『MY LOVE』
魏如萱(Waa)『不允許哭泣的場合』
張惠妹(アーメイ)『你在看我嗎』
蔡健雅(ターニャ・チュア)『說到愛』 …の6名。

  

  
http://youtu.be/e-TU7EZDESk
http://youtu.be/pgdgaDdNgwo
http://youtu.be/t3r7a_7LqRA
http://youtu.be/xkH4yiMePe8
http://youtu.be/zV5REg60A6s
http://youtu.be/116OjLa1DwY

* * * * * *

危惧していたことが現実に~。(;´д`)トホホ…
以前、今度の金曲奬は孫燕姿(ステファニー・スン)、張惠妹(アーメイ)、蔡健雅(ターニャ・チュア)のベテラン勢には控えてもらって、若手に機会を回してほしい…みたいなことを書いた記憶があるのですが、、、全員入っとるわww。
審査員~、審査基準教えてんか~。 ホンマにこの3人とタメ張るアーティストはおらんかったんかあー。 なんでワシ関西弁なんやww。

田馥甄(ティエン・フージェン)のノミネートは納得です。 ソロデビューした2010年から現在に至るまでの成長・活躍ぶりを見れば選ばれて当然という印象です。

蔡健雅2年ぶりとなる新作『說到愛』は作詞賞を含め今回7部門でノミネートされていますが、これは2008年の第19屆金曲獎とほぼ同じ状況。 孫燕姿は4年半ぶり、張惠妹も2年ぶりの新作ということで注目度は高く、これもやっぱり仕方がないのかなぁ…。

A-Linは昨年も同部門にノミネートされ歌の巧さは折り紙つき。 僕もA-Linのノミネートはあると予想していましたが、こうなってしまうとなぜ丁噹(ディンダン)、蕭亞軒(エルバ・シャオ)、楊丞琳(レイニー・ヤン)、郁可唯(イーサ・ユー)が退けられA-Linだったのか…というあたり、ちょっと審査員に訊いてみたい気分です。

* * * * * *

『魏如萱(ウェイ・ルーシュエン)』

これら居並ぶ有名アーティストの間に割って入ったのが、ミュージカルに出演するなど表現の幅を大きく広げている女性シンガーソングライター・魏如萱(ウェイ・ルーシュエン)です。
魏如萱の名前を見つけて最初『新聞局、グッジョブ!』と喜んだのですが、すでに『第一屆音樂推動者大獎』にノミネート、中華音樂人交流協會の『2011年十大專輯』と『十大單曲』にも選定され注目を浴びており、男性シンガー部門の乱彈阿翔(アセント・チャン)と同じような立ち位置でのノミネート…という気配を、今は感じています。

 
http://youtu.be/1OzU9zxbDIY
http://youtu.be/u0iHoUH6YAM

魏如萱(ウェイ・ルーシュエン)は1982年生まれ、愛称はWaa(あるいはWaa Wei)。 2007年の『超級星光大道・第2シーズン』から誕生した女性ロックシンガー・魏如昀(ウェイ・ルーユエン)は彼女の妹です。
彼女たちの両親は二人が幼少の頃に離婚したそうで、ともに祖父母の元で育ちました。 成人後お母さんと再会しますが、それから間もなく病気で他界したとのこと。 後になってお母さんが多額の借金を残していたことが判明し、それをWaaが相続するとかしないとか以前ニュースにもなっていました^^;。

Waaは2003年に結成した男女ユニット『自然捲(Natural Q)』でヴォーカルを担当し人気を集めますが、2006年に喉を痛めてしまい療養が必要とのことで脱退をしています。 回復して以降は高音を駆使するヴォーカルスタイルは控え、ナチュラルな音域を生かしたスタイルへとシフトしているようです。
2008年、青峰(チンフォン)ら蘇打綠(ソーダグリーン)のメンバーたちと台湾の絵本作家・幾米(ジミー)原作のミュージカル『向左走.向右走』に出演。 2010年、許茹芸(バレン・スー)主演で再演された際も引き続き出演をしています。 また、2003年に陳綺貞(チアー・チェン)がヒロインを演じた…同じく幾米原作のミュージカル『地下鐵』が、今年7月からWaaの主演で再演予定となっています。 ちなみにこの舞台には、昨年亞神音樂(Asia Muse)からメジャーデビューした女性アーティスト・蘇珮卿(ペイジ・スー)の出演も予定されています。
これらミュージカルの音楽監督を務めたのが、Waaのアルバム製作にも参加している音楽家・陳建騏(ジョージ・チェン)で、今回ノミネート対象となった『不允許哭泣的場合』は彼がプロデュースしたものです。 陳建騏はこの作品で『最佳專輯製作人獎』部門候補に選ばれているほか、五月天(メイデイ)のシングル『諾亞方舟』で『最佳編曲人獎』部門にも共同ノミネートされています。

ミュージカルに出演して以降の彼女の作品には自身の経験がフィードバックされ、舞台音楽的な色調も見られるようになりました。 作品にストーリー感が生まれたように感じます。 これからまだまだ大きくなる個性派アーティストだと思います。

* * * * * *

予想ですが~…

蔡健雅はすでに二度シンガー賞を受賞していますが、果たして三度目、あるのでしょうか…。 もしこれを獲ってしまったら、2010年の張惠妹6部門制覇みたいな状況になってしまうことも…。
一抹の不安というか妙に気になるのが孫燕姿で、先日結婚一周年を迎えブログで妊娠したことを明かしていたのですが、まさかご祝儀で受賞…などというサプライズはないですよねー^^。
張惠妹は自身がプロデュースに携わった意欲作を出してきましたが…そこに戸惑ったファンも多かったようです。 今回はちょっと弱いかなー。 A-Linもこの3人に囲まれてしまうと~今年も難しいかもしれない。 でも僕の予想は新人賞以外ほとんど当たったことがないんですけどね^^;。

…ということで大物3名を除くと、個人的予想は田馥甄か、魏如萱。
獲ってほしいのは魏如萱なんですけど、ここはやっぱり田馥甄を推しておきますか^^。

« 第23屆金曲獎・最優秀国語男性シンガー賞 -ノミネート編- | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀新人賞 -ノミネート編- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第23屆金曲獎・最優秀国語男性シンガー賞 -ノミネート編- | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀新人賞 -ノミネート編- »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ