【台湾ポップス】TW-POP bot

« 行政院新聞局、第23屆金曲獎ノミネート作品発表! | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀国語女性シンガー賞 -ノミネート編- »

2012年5月16日 (水曜日)

第23屆金曲獎・最優秀国語男性シンガー賞 -ノミネート編-

第23屆金曲獎最佳國語男歌手入圍者

昨年僕は周杰倫(ジェイ・チョウ)と齊秦(チー・チン)のどちらか…と読んで齊秦を推し、けっきょく前評判どおり周杰倫が見事受賞しました…。

今回ノミネートされたのは…
乱彈阿翔(アセント・チャン)『把我換成你』
林宥嘉(ヨガ・リン)『美妙生活』
陳奕迅(イーソン・チャン)『 ? 』
周杰倫(ジェイ・チョウ)『驚嘆號』
蕭敬騰(ジャム・シャオ)『狂想曲』 …の5名。

  

 
http://youtu.be/L4e4YZ9G8Uk
http://youtu.be/VDQ5O-jmh6w
http://youtu.be/BQ_ZsRhMB6s
http://youtu.be/Aa5j0_61Xfo
http://youtu.be/VEYVQmgWsIg

* * * * * *

正直僕は今回、周杰倫のここでのノミネートは無いと思っていましたw。 『驚嘆號』は面白い作品だったし、たしかに売れましたが…昨年のWINNERということでハードルは高めになるだろうと。 たまにはほかのヤツにもチャンスを回してやれよ~という気持ちも、個人的にはあります^^。

林宥嘉、蕭敬騰が選ばれて楊宗緯(アスカ・ヤン)が落ちたというのにも…ちょっとイヤな感じがしました。 この部門では大きく考慮されるポイントとはならないでしょうがアルバム売上は二人よりも上、歌唱力に遜色があったとも思えません。 どうせならアスカも揃えて『超級星光大道・第1シーズン』を再現してくれてもよかったのにww…残念。

それからここに陳奕迅(イーソン・チャン)が入っていたのには逆の意味で驚きました。 年間売上上位にランクされておらず、たぶん無理だろうなーと思っていたので。 でもイーソンの『 ? 』はホントによく出来た、味わい深い一品なのです。 ストレートパンチのようなイッパツこそありませんが、一枚のアルバムの中で様々な姿を見せてくれる…聴けば聴くほど内側からジワジワと効いてくる良作です。 彼が選ばれたことでなんとなくここのバランスがとれたように感じました。 それとも審査員が、香港からも誰か…なんて気を利かせたのかしら^^。

* * * * * *

『乱彈阿翔(アセント・チャン)』

そんな中でひとり独特のオーラを放っているのが、台湾宜蘭県出身のシンガーソングライター・乱彈阿翔(アセント・チャン、またはルァンタン・アシャン)です。

 
http://youtu.be/erIvYJ7QLHc
http://youtu.be/aBomojiSwis

1970年生まれ、本名は陳泰翔(チェン・タイシャン)。 昔のヒッピーかフォークシンガーのようにダラリと伸ばした長髪、ときに髭づら。 ギター片手に、まるで時代を間違えて出て来たかのような飾らない出で立ち…。 1996年に結成した自身のバンド『乱彈(ルァンタン)』のヴォーカル兼ギタリストで、愛称は阿翔(アシャン)。 2002年あたりからソロでもアルバムをリリース、映画やドラマのサウンドトラックも手掛けています。
今回ノミネート対象となったのは、それら主題歌や挿入歌など10曲を集めたソロアルバム『把我換成你』。 その中の一曲、昨年公開された台湾映画『翻滾吧! 阿信』の主題歌『完美落地』は、台湾のアカデミー賞・第48屆金馬獎に於いて『最佳電影原創歌曲(最優秀オリジナル歌曲賞)』に輝いています。

* * * * * *

さて予想ですが…

林宥嘉か、陳奕迅…どちらかだと^^。

僕は周杰倫や王力宏(ワン・リーホン)、張惠妹(アーメイ)といったメジャーどころはあまりにも本命すぎて毎回意図的に予想から除外しているのですがw、今回周杰倫の2年連続は無いと思っています。 乱彈阿翔については金曲奬前、他の音楽賞にも複数ノミネートされていて、そのあたりに影響されたのかなぁ…。 最近の音楽シーンに合わせるということであれば、受賞あるかも…。 蕭敬騰もよかったけど、推すなら林宥嘉かなぁ。

んん~、僕は『林宥嘉』でいきます!

« 行政院新聞局、第23屆金曲獎ノミネート作品発表! | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀国語女性シンガー賞 -ノミネート編- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行政院新聞局、第23屆金曲獎ノミネート作品発表! | トップページ | 第23屆金曲獎・最優秀国語女性シンガー賞 -ノミネート編- »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ