sasanoji電台第2廣播

« 台日音楽融合のトップを独走する、『Softlipa & Jabberloop』。 | トップページ | 新型JS、出るゾ~。 »

2012年4月 9日 (月曜日)

台湾にも活動の場を拡げる日本のインディーズバンドたち。

Spring_scream

この時季恒例、4月4日から台湾島最南端・墾丁(ケンティン)で開催されていたインディーズの祭典『春天吶喊音樂季(Spring Scream)』は、きのう8日に閉幕しました。 日本のアーティストも多数参加、登場アーティスト・バンドの数は今年も200組を超えています。

その中から今回は、台湾の獨立音樂網『iNDIEVOX』上に作品を発表している日本のインディーズバンド『Alias』をピックアップしてみました。



http://youtu.be/4D2gTve8CG4

メンバーはヴォーカル&ピアノ担当のMai、ギターのTomo、ドラムのKiYO、ベースのMii、そして二胡のKiRiKoの5名。 一聴して分かるとおりKiRiKoの『二胡』をサウンドの核に置いた、男性2名、女性3名による大阪発のビジュアル系ユニットです。 デビュー作である2011年7月リリースのダウンロード専用アルバム『evermore』は、Amazon MP3ロックアルバムベストセラーランキングで第2位を獲得しています。

Alias

とくに注目すべきはKiRiKoこと中西桐子。 1991年生まれの彼女は6歳から二胡を弾き始め、中国国家一級演奏家らに師事。 04年、東京FM『ネクストスーパープレイヤーズ』グランプリ、北京地区民族楽器コンクール中学生の部第1位。 07年、中国中央テレビ主催民族楽器コンクール外国人の部第2位。 08年、第9回中国音楽コンクール金賞及び大阪総領事館賞、第2回中国音楽国際コンクール特等賞。 09年、香港で行われた第1回国際中国楽器コンクール二胡海外部門金賞など数々の賞を受賞した実力の持ち主で、二胡奏者として将来を嘱望されている若手アーティストです。 昨年9月から中国政府奨学金留学生として北京中央音楽学院に留学しており、現在の活動拠点は北京です。 09年にジブリアニメの曲を集めた1stアルバム『晴れ種』をリリース。 CD購入はKiRiKo Official WebSite、試聴・ダウンロードはmonstar.fmから可能です。

ギタリストのTomoこと浅葉智は兵庫県出身。 高校生の頃から関西のミュージックシーンで頭角を現し始め、ヴィジュアル系バンド・Voyage(1995-1998)、If(1998-1999)、NIL(1999-2001)、J-POPバンド・Piece(1999-2002)、Chocolate Syrup(2002-2004)、Zoey(2004)での活動を経て拠点をニューヨークに。 ジャンルを越えたサウンドを追求するバンド『echostream』を結成し現在に至っています。 『Alias』はどうやらTomoが携わっているアナザープロジェクトの一つ…ということのようですね。

Mai、KiYO、Miiの3名は大阪を拠点とするアーティストで、Alias自体のiNDIEVOXへの登録も『大阪』からとなっていますが、各メンバーそれぞれのフィールドが異なるためサウンドはかなりユニーク。 ワールドミュージック的な広がりも感じさせてくれます。

Aliasの世界観を彩るイラストレーター・江河サツキさんによる美麗アート群にも注目!

* * * * * *

もういっちょ、『KEYTALK』もビビッときたゼ。

2011年11月リリースの7曲入りEP『SUGAR TITLE』から、『sympathy』。



http://youtu.be/3L-4KvItfdw

ギターの小野武正、ヴォーカル&ベースの首藤義勝、ヴォーカル&ギターの寺中友将、ドラムスの八木優樹らによる4ピースバンド『KEYTALK』の結成は2007年9月。 『real』名義でスタートし、下北沢を拠点に都内各地でのライブ、DEMO CD制作など積極的に行なってきました。 当時メンバーの年齢は20歳そこそこながら、全員が音大出身という彼らの繰り出す超絶技巧、近未来的サウンドはインディーズ、メジャー問わず注目を集め、レーベル10数社の間で争奪戦になったそうです。 その後ステージアップするため2009年10月にバンド名を『KEYTALK』に改名。 2010年7月に第1作『TIMES SQUARE』(KOGA)、昨年11月に第2作『SUGAR TITLE』をリリース。 来月5月09日リリース予定の2000枚限定4曲入りマキシ『KTEP2』は、今後の彼らの方向性を示す重要な作品になると期待をされています。

来月リリースされる限定マキシ『KTEP2』より、先行UPされている『MABOROSHI SUMMER』。



http://youtu.be/Xi3XVaWM2L0

* * * * * *

ほかにもiNDIEVOXに作品をUPしてる日本人アーティストがたくさん出演していましたよ。

Channeling!!!

2011年結成の女の子3人組ロックバンド。

Fujirockyu(假)

2005年から活動している男女混成6人組パンクバンド『フジロッ久(仮)』です。

START OF THE DAY

女性2名、男性3名の和製北欧系5人組。 これもピックアップしたい!

矢沢洋子

矢沢永吉のお嬢さん。 iNDIEVOXに作品を積極的にUPしている。

Astro Attack

神戸を拠点とする4人組バンド。 07年結成、2010年メンバーチェンジに伴い改名。

MOZ8

06年結成、渋谷系3ピースメタルポップバンド。 今回Astro Attackと一緒だった。

ONC

03年、ミクスチャーバンドとして結成。 その後MCが脱退し3ピースパンクバンドに。

PeopleJam

あらゆるダンスミュージックを含有したキレのあるサウンド…これぞ快感だっ!

REVOLUTION 9

09年結成、ツインドラム+ギターの骨太3ピースロックインストバンド。

THE STAR CLUB

1977年に名古屋で結成された、日本を代表するパンクバンドである。

…などなど。

さすがネット大国・台湾です。 インディーズを育む環境が整っているなぁ…。

* * * * * *

コメント

通りスガリーさん、こんにちは!

ホントだ!情報感謝です!

REVOLUTION 9違いでした~。(^-^;

さっそく修正させていただきますね。

今後とも間違えている部分がありましたら、ぜひお教えくださいませ。o(_ _)oペコッ

投稿: sasanoji | 2012年4月11日 (水) 16時27分

REVOLUTION 9は2009年結成、北海道&横浜出身ですよー!!

投稿: 通りスガリー | 2012年4月11日 (水) 16時09分

ashさん、おはようございます~。

J-POPは主食のご飯みたいなもので、もちろん一番聴いているジャンルなのですが、

さすがにインディーズとなるとどこから食べていいのか…^^;。

台湾を活動の視野に入れているアーティストを逆輸入的にチェックしてみるというのも、ポイントの絞り方としてはアリかもしれませんねー。

ストライクゾーンに入っているバンドがいっぱいいました^^。

投稿: sasanoji | 2012年4月10日 (火) 07時36分

このユニットもいいですねぇ!!

せつな系のメロディとでもいうのでしょうか・・

日本も台湾も関係ない!!

もっと語学勉強しなくては!!

投稿: ash | 2012年4月10日 (火) 00時08分

« 台日音楽融合のトップを独走する、『Softlipa & Jabberloop』。 | トップページ | 新型JS、出るゾ~。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台日音楽融合のトップを独走する、『Softlipa & Jabberloop』。 | トップページ | 新型JS、出るゾ~。 »

通貨コンバーター

C-POPブログ、いっぱい。

無料ブログはココログ