« 第23屆金曲獎、ノミネート作品を予想…してみる?(弐) | トップページ | クロスプラットフォーム的作品を目指す若手アーティスト、曹震豪。 »

2012年4月16日 (月曜日)

リアルを追求した音楽賞、いよいよスタート!

今年5月、新たな音楽賞『音樂推動者大獎』がスタートします。
準備期間2年…、その第一屆大獎の候補者・作品が先週発表されました。

B

台湾の音楽賞といえば毎年6月に行われる、行政院新聞局主催の『金曲奬』が最も影響力のある賞として知られていますが、受賞の理由が明確でない、あるいは審査基準が不透明との理由から、過去には華納唱片(Warner Music)が参加をボイコットしたり、第20屆金曲獎では3部門を獲得した周杰倫(ジェイ・チョウ)が授賞式を欠席するなど、実際には運営上の様々な問題点が指摘されています。 開催する側も改善努力はしているようですが、たしかに『なんで…?』と思ってしまうような結果が毎年見られるのも事実…。 重要な賞であることは認識しつつも、音楽祭的色彩の濃い賞…イベントとして参加することに意義がある、というスタンスのレーベル、アーティストが大勢のようです。

そこで、多元化した現在の音楽シーンを視野に入れた新たな音楽賞『音樂推動者大獎』が企画されました。
この賞は政府主導・レーベル申し込み制の金曲奬とは異なり、選出は昨年末設立された団体『台灣音樂環境推動者聯盟』による完全ノミネート制となっています。 メンバーは音楽評論家、ライブハウス経営者、インディーズレーベル経営者、音楽関連メディア従事者など音楽業界の最前線に立つプロフェッショナルらで構成され、月毎に審査会議を開催。 インディーズ、メジャー問わず最も評価されるべき作品、潜在力のあるアーティストを選ぶことに主眼を置いています。

金曲奬との違いは今回発表されたノミネート作品を見れば一目瞭然で、たとえば『年度專輯 Album of the Year』は…
陳昇(ボビー・チェン)『家在北極村』
以莉高露(Ilid Kaolo)『輕快的生活』
魏如萱(Waa)『不允許哭泣的場合』
Tizzy Bac『告密的心』
陳珊妮(サンディー・チェン)『I Love You John』
盧凱彤(エレン・ルー)『掀起』
…という、金曲奬ではおそらくあり得ないだろう作品が並んでいます^^。
しかし、評価されてしかるべき作品が並んでいる…というのもまた事実なのです。

『年度歌曲 Song of the Year』も顕著で、
Finn『那些』
林宥嘉(ヨガ・リン)『自然醒』
陳昇+左小祖咒(ZuoxiaoZuzhou)『愛情的槍』
陳珊妮『青春』
乱彈阿翔(アセント・チャン)『完美落地』
熊寶貝樂團(Bearbabes)『一個人的天光』
黃小禎(Ze' Hwang)『積木DEMO Track 2』
盧凱彤『雀斑』
…といった具合で、メジャーとインディーズが混在しています。 これこそが、台湾の音楽シーンの『今』なのです。

ほか、『年度單曲企劃 Single/EP of the Year』、『年度突破 Breakthrough of the Year』、『最具潛力獎 Future Shock Award』、『最佳裝幀設計 Best Artwork』、『最佳音樂影片 Best Music Video』、『美麗島獎 Roots Award』などにも思わずニヤリとしていまいそうなアーティスト、作品がノミネートされていますね。
また敬意賞として、『先鋒獎 Vanguard Award』に黃韻玲(ケイ・ホァン)、『經典專輯 Masterpiece Award』に林強(Lim Giong)が既に確定しているようです。
第一屆音樂推動者大獎の発表授賞式は金曲奬前月の5月13日、台北國賓飯店で行われます。

一般に定着するかは別として、リアルなTW-POPの情報に飢えている側にとっては、かなり注目してよい賞となるのではないでしょうか。

音樂推動者大獎 AMP Awards - Facebook

* * * * * *

コメント

エレン4部門もノミネートされてるじゃないですか!
sasanojiさんこのCDに付属のDVD、エレンの台湾キャンペーンの様子30分ちょい、が本当に良い出来なのでぜひご一考あれ。もう実質台湾盤なんです
台湾×香港=なんかグッとくる、これでいきましょう!
では5/13に速報ということで
m(_ _)m

投稿: zetuman | 2012年4月16日 (月) 22時52分

ハッピーしんちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

なかなかシブい作品が集まっている賞ですよねー。金曲奬ではお目にかかれそうにないラインナップです。
『Album of the Year』のうち2枚は持っていますので、自分の耳にちょっと自信を持ちました^^。

台湾のインディーズはネットを上手く利用していると感じます。そこで注目をあびてデビューするアーティストも多いですし。メジャーになってもまだ投稿しているひともいますからねー。

投稿: sasanoji | 2012年4月16日 (月) 20時53分

zetumanさん、こんばんは~。

おお~、エレン・ルーのファンですかー^^。
僕も『雀斑』でビビッときて気にはなっていたのですが、香港メインのアーティストということで保留状態にしたままです~。

この『音樂推動者大獎』は、あまり大騒ぎされるものにはならなそうですが、金曲奬の不満点を補う玄人受けする賞という雰囲気でしょうか…。
ちょっと敷居が高そうですけど、楽しみですね。

僕のブログのほうは… 話半分でお願いします^^;。

投稿: sasanoji | 2012年4月16日 (月) 20時35分

いい記事ですね。とても参考になりました。紹介いただいたアーティストの曲を聴いてみて、台湾のPOPSの今を感じてみたいと思います。

投稿: ハッピーしんちゃん | 2012年4月16日 (月) 16時41分

うおーエレン!テンション上がりました★ぜひ取ってほしい…
金曲奨にそのような側面があったなんて、ちょっとびっくりでした。5/13ですね、楽しみにしてます!sasanojiさんのブログを!

投稿: zetuman | 2012年4月16日 (月) 16時26分

« 第23屆金曲獎、ノミネート作品を予想…してみる?(弐) | トップページ | クロスプラットフォーム的作品を目指す若手アーティスト、曹震豪。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第23屆金曲獎、ノミネート作品を予想…してみる?(弐) | トップページ | クロスプラットフォーム的作品を目指す若手アーティスト、曹震豪。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ