« 『賽德克・巴萊』、第7回大阪アジアン映画祭で『観客賞』を受賞。 | トップページ | JSのSophia、金沢の魅力を強力発信中。 »

2012年3月21日 (水曜日)

女孩與機器人…漢字だとちょっとこわい。

女孩與機器人(ニューハイユゥジーチーレン)『MISS NOVEMBER』(2011)

Photo_4

女孩與機器人は、レコーディングエンジニア・Jungle(戴建宇)、キーボード奏者・蛋(蘇玠亘)が台灣大學出身の才媛・Riin(林怡君)をヴォーカルに迎え、2008年に結成した3人組エレクトロポップユニットです。 英語名だと『The Girl and the Robots』。
『MISS NOVEMBER』は彼らが2011年1月に、メジャーレーベル・亞神唱片(Asia Muse)からリリースした1stアルバムです。

首波主打、『My Boy』。 あま~い雰囲気^^。
ちょっとレトロっぽいサウンドが特徴的。

http://youtu.be/lLe3nJZFst0

女孩與機器人(The Girl and the Robots)は、女孩(Girl)と2体の機器人(Robots)のユニットという設定^^;。
容姿端麗、ヴォーカルと作詞担当のRiinは國立台灣大學出身の才媛。 主にプログラミングとギターを担当する機器人・Jungleこと戴建宇は、多数のアーティストの作品に携わり、野外音楽イベントなどでは講師を務めるほどの有名なレコーディングエンジニアで、このユニットのボスでもあります。 プログラミングとキーボード、ベース担当の蛋は1989年結成のパンクバンド『濁水溪公社(LTKまたはLTKC)』のキーボード奏者です。

女孩與機器人は2009年にインディーズレーベル・喜瑪拉雅から3曲入りEP『昨天 Lost In Yesterday』をリリースし、CDデビューしました。 戴建宇は喜瑪拉雅とは縁が深いようですし、LTKCも08年から所属しているので…そのあたりのつながりでしょうか。 この作品は、台湾の行政機関である新聞局が2010年から開始したポピュラー音楽支援プロジェクト『第1屆金音創作獎(Golden Indie Music Awards)』にノミネートされ、11月に『最佳電音單曲獎』を獲得しています。
2010年3月には2nd EP『兩吋半舞曲』をリリース。 こちらはメジャーレーベル・亞神唱片(Asia Muse)からということで、その所為でもないのでしょうが、クールだった1stに比べてかなりポップ…売りにきたかなーという感じ^^。
この2枚のタイトル曲は、1stアルバム『MISS NOVEMBER』の10曲目と3曲目にそれぞれ収録されていて、初期のナンバーと新しいものが混在する作品となっていますね。 キーボードの蛋(蘇玠亘)はこの作品で2011年の第2屆金音創作獎・最佳樂手獎にノミネートされていましたが、残念ながら受賞はなりませんでした。

Demo等の楽曲はStreetVoiceにUPしていますが、先日新しい曲が入ってました。
『超過(Demo Ver.)』。 クールに戻りました。 どちらかというとコチラのほうが好みです。

どうやら新作リリースに向けて本格的に稼働したようですね。 女孩與機器人がどの方向に行きたいのかイマイチわからなくて、記事を書きかけのまま放置していたのですが…期待度大ということで、仕上げました。(^-^;

The Girl and The Robots - Facebook
女孩與機器人 - StreetVoice

* * * * * *

1stシングル『昨天 Lost In Yesterday』。
亞神唱片はこの方向でいっても大丈夫なレーベルだと思うんだけど…。

http://youtu.be/SmCKsSQP2ic

2ndシングル『兩吋半舞曲』。 甘くなっちゃった(笑)。

http://youtu.be/L8MUOsEFUmc

『MISS NOVEMBER』から、第三波主打『Spinning Around』。
なんか…懐かしい雰囲気だ。

http://youtu.be/h4ZAPSadU68

* * * * * *

コメント

SunHeroさん、こんばんは。
恐縮です~^^。

内容の大部分は中国語記事をGoogle翻訳したものの寄せ集めですので、誤って解釈している部分も多々あると思います。
お教えいただけると、とてもウレシイです。(◎´∀`)ノ

こちらこそよろしくお願いいたします。o(_ _)oペコッ

投稿: sasanoji | 2012年3月25日 (日) 23時11分

はじめまして、音楽ウェブロッジを営むSunHeroと申します。
女孩與機器人で検索していたら、こちらに辿り着きました。
ブログで紹介するのに、色々と参考にさせていただきました。
よろしくお願い致します。

投稿: SunHero | 2012年3月25日 (日) 21時16分

ashさん、こんにちは~。
恐縮です~。(;´▽`A``

現地でCD購入は羨ましーです~。
台湾はインディーズが凄いので、日本では入手出来ない良品がいっぱいありますからねー。
それに最近、台湾ドルがジリジリと上がっているのも心配…。

台湾はStreetVoiceとかiNDIEVOXみたいなシステムが充実してますね。
ここからメジャーになったアーティストも多いですからねー。
宝探しみたいで、けっこうおもしろいです。

投稿: sasanoji | 2012年3月24日 (土) 10時12分

もう、
台湾に行かなくちゃ!!
CDたくさん買ってこなくては!!

ササノジさんにはお世話になっとりますよ!!
「StreetVoice」いいですねぇ!!

投稿: ash | 2012年3月23日 (金) 23時33分

« 『賽德克・巴萊』、第7回大阪アジアン映画祭で『観客賞』を受賞。 | トップページ | JSのSophia、金沢の魅力を強力発信中。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『賽德克・巴萊』、第7回大阪アジアン映画祭で『観客賞』を受賞。 | トップページ | JSのSophia、金沢の魅力を強力発信中。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ