【台湾ポップス】TW-POP bot

« シンガポールの実力派・龔芝怡、ついに台湾デビュー! | トップページ | とてつもなくユル~い、23號半。(◎´∀`)ノ »

2012年3月 3日 (土曜日)

Double 2樂團=吳汶芳&謝震廷+高雄人

『Double 2樂團』

今回は『高雄・南方原創影音大賞』を取り上げたときに少しだけ紹介した5人組バンド、『Double 2』をピックアップします。
Double 2(ダブル・トゥー)は、2011年にヴォーカルの紅一点・吳汶芳と、ヴォーカル&ギター・謝震廷、ギター・周已敦、ベース・楊喆元、ドラムス・盧逸凡ら5人によって結成されました。 まだアルバム等のリリースはありませんが、たぶん今年あたり…どのような形態、ルートになるかわかりませんが、何かしら作品を出してくるんじゃないかなー…と期待している注目のインディーズバンドです。

まずは彼らの1stオフィシャルMV、『零距離』。

http://youtu.be/94SsKt8p5jA

上のMVを見て、あるいは吳汶芳、謝震廷の名前にピンときた方、スゴイ! 流石です!
女性ヴォーカル・吳汶芳は1990年生まれ。 大学在学中だった2009年、オーディション番組『超級偶像』第2シーズンに男女デュオ『Babyface』として出場し、第5位に入賞。 また09年11月開始の『超級偶像』第4シーズンにはソロで出場し、第6位入賞を果たした女性シンガーソングライターです。 09年9月の『河岸留言』ライブにはまだBabyfaceで出演していましたが、その後ギター担当の相棒・謝廣太が兵役に就くということでユニットを解消したようです。
Double 2でギターを担当することになる周已敦と知り合ったのはちょうど『超級偶像』第4シーズンに出場していたときで、周已敦は一度吳汶芳のバックで演奏したことがあったのだそうです。 番組終了後の2010年12月、2年に一度台北で開催される巨大野外音楽イベント『簡單生活節(Simple Life Festival)』で吳汶芳のステージにいたギタリストは彼だったのかな、クレジットされていないのでいまいちよくわかりません…。

ヴォーカルとギターを担当している謝震廷は1993年生まれ。 07年の『超級星光大道』第1シーズンに当時最年少の13歳で出場、第20週で惜しくも淘汰されてしまったものの10強に残る活躍を見せ、人気者となりました。 また2010年には過去の『超級星光大道』上位入賞者たちを集めた特別企画『星光傳奇賽』にも出場。 そのときは実力をじゅうぶんに発揮出来ず第5週で淘汰されてしまい一時落ち込みもしたそうですが、その後もバンド活動やネット上で楽曲を発表するなど修練を積んでいました。
吳汶芳とはインディーズサイト『StreetVoice』の繋がりでしょうか、2011年1月、一緒に台北のライブカフェ『A House』でライブを行なうなど、以来二人は姉弟みたいな間柄となっているようですね。

それからしばらくして、周已敦は故郷高雄の仲間たちを加え吳汶芳とバンドを組むことになり、さらに彼女が謝震廷も連れて行ってよいかと言うので、ぜひ連れていらっしゃいということで…かくして5人組バンド『Double 2(ダブル・トゥー)樂團』は誕生しました。
バンド名の由来については、結成当時メンバーの平均年齢が22歳だった、また昨年は『兔年』でしたが、この『兔』の発音『tù』が『2(two)』と似ているから…など、複数の意味が入っているとのこと。 正式に活動を開始したのは2011年5月あたりからのようです。

コチラは昨年行われた『高雄・南方原創影音大賞』に於いて『南方之星演唱人獎』を受賞した、『安全感』。

http://youtu.be/doZdFFlWNjU

今のところ活動はライブとネット上がメインですが、昨年の『南方原創影音大賞』でも注目を集めていますし、話題性もじゅうぶんということであれば、そろそろオモテに出てきてもよさそうな頃だと思うのですけれど…。
もしCD出すなら、日本でも購入可能なルートに乗せてほしいなぁ。

Double 2 樂團 - Facebook

* * * * * *

昨年8月28日、河岸留言ライブから、『我們等於寂寞』。

http://youtu.be/sXuZ3BMdGmI

昨年1月22日に行われた吳汶芳&謝震廷@A Houseライブから、『有關雨天』。

http://youtu.be/A19Z8mk5z-w

同じく吳汶芳&謝震廷@A Houseライブから、『零距離』。

http://youtu.be/xw3BPS_oNHA

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« シンガポールの実力派・龔芝怡、ついに台湾デビュー! | トップページ | とてつもなくユル~い、23號半。(◎´∀`)ノ »

コメント

チャン・スーさん、こんばんは~。
いらっしゃいませ~^^。
コメントありがとうございます。 o(_ _)oペコッ

Double 2樂團、楽しみにしていたのですけど、メンバーの兵役で活動がストップしてしまったみたいで、残念…。
吳汶芳は昨年、ソロでドラマの挿入歌を歌ったりしていましたが、コチラはどうやらアルバム準備中のようですね。これは楽しみ~^^。

少年・謝震廷は、大人になりました。
もう立派なにーちゃんです。
優しそうなキャラとスムースな歌声は女性ファンに受けそう^^。

チャン・スーさんがおっしゃるとおり、台湾インディーズは面白いですねー。
このブログは東日本大震災後に台湾への恩返しと自分の備忘録を兼ねて始めたのですが、続けているうちに意外なつながりを発見出来たりして、本当に飽きることが無いです。
でも最近は、コンスタントに記事が書けなくて…。
なんか、眠くてしょーがない。 (;´д`)トホホ…

こんばんは!
吳汶芳で検索したら、こちらにたどり着きました。
いつ来ても、とても詳しい内容で本当に有りがたいの一言です。
彼女と謝震廷がつながっていたとは、ふ~~ん、なるほど~、と思いました。謝震廷の曲は聴いたことはないですが、某ブロガーさんが一時良く記事を書かれていたので名前だけは知ってました。
台湾インディーズ、ホントに奥が深い。

今回も勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポールの実力派・龔芝怡、ついに台湾デビュー! | トップページ | とてつもなくユル~い、23號半。(◎´∀`)ノ »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ