【台湾ポップス】TW-POP bot

« 曾檐『一』、例えるなら…『地球』という舞台劇のサウンドトラック。 | トップページ | 阿福、来月3曲入りEPをリリース! »

2012年2月21日 (火曜日)

再起…、易桀齊。

易桀齊(イージエチー)『Let It Rain』(2012)

2_1 Photo_1_3

名のあるひとりの男性アーティストが、文字通り裸一貫となって再起への第一歩を踏み出しました。 マレーシア出身の実力派シンガーソングライター・易桀齊(ジェット・イー)です。
ジェット・イーは2月3日、前作『你好嗎! (新歌VS.作品集)』からは11ヶ月ぶりとなる新作、『Let It Rain』(禾廣娛樂)をリリースしました。
新作といってもこれは…新曲『Let It Rain』1曲のみを収録したCDシングル(12cm)です。 五大唱片での販売価格は98ニュー台湾ドル…日本円で約245円。 送料よりも安い…。 このような形でのリリースとなってしまったのには、彼自身が昨年起こした不祥事による複雑な事由がありました。 これは彼が再起を期して心情を吐露した1曲です。 その1曲のみを収録したCDの曲をここで出していいものか迷いましたが、ぜひ聴いてほしかったので…。

易桀齊、『Let It Rain』。

http://youtu.be/I8xuxXcL7K8

生年はおそらく1971年か72年頃ではないかと…。 アルバムデビューは2001年ですが、それ以前から現在に至るまで、易齊のペンネームでの作品も含め、膨大な数の楽曲を華人有名アーティストに提供しています。
例えば昨年は、那英(ナー・イン)9年ぶりのアルバム『那又怎樣…』に『花一開滿就相愛』を、郭靜(クレア・クオ)『陪著我的時候想著她』に『往未來飛的客機』を、楊丞琳(レイニー・ヤン)『仰望』に『曬焦的一雙耳朵』を、品冠(ビクター・ウォン)『未拆的禮物』に『我確定』を…といった具合。
それ以前に彼が関わっていた主なものを列挙していくと…
張學友『玩不起』(99年)、『好久不見』(07年)、伊能靜『你是我的幸福嗎?』(01年)、周華健『好想哭』(03年)、劉若英『I Believe』(01年)、『幸福的路』(04年)、『熊』(08年)、張惠妹『過不去』(04年)、『知己』(07年)、許茹芸『痞子』(99年)、動力火車『陌生的夜』(99年)、辛曉琪『一個人甜蜜』(00年)、陳曉東『Good-bye』(98年)、張玉華『隨便你』(02年)、郭靜『慢慢紀念』(08年)、蔡依林『我的依賴』(09年)、張棟樑『不要再聽他寫的歌了』(09年)、張智成『可愛可不愛』(09年)、ほか多数…。
とくに同郷である梁靜茹(フィッシュ・レオン)への提供が多くて、『半個月亮』(00年)、『如果有一天』(00年)、『我還記得』(05年)、『因為還是會』(05年)、『C'est La Vie』(07年)、そして09年リリース『靜茹&情歌』収録の名曲『別再為他流淚』も、ジェットの作曲によるものです。

個人作品としては、1stアルバム『戀戀不捨』(01年)、1st EP『千里之外』(03年)、2nd『一整片天空』(06年)、3rd『有你真好』(08年)、2nd EP『"G"拉闊音樂會』(10年)、そして新歌+セルフカバー集の4th『你好嗎!』を昨年3月にリリースしています。

このように多くのアーティストに愛され才能もある彼が、昨年2月、過ちを犯してしまったのです。

* * * * * *

2011年2月17日、ジェットと同じくマレーシア出身の女性シンガーソングライター・戴佩妮(ペニー・ダイ)の預金口座から30万元(約75万円)が盗まれていることがわかりました。 調べたところATMから10万元ずつ、2月11日を最初に3日連続で引き出されていたようです。 監視カメラに写った犯人と思しき帽子とマスク姿の男の映像がネット上で公開され、ペニーは犯人が捕まることを願っていたのですが…直後、衝撃が走ります。
2月20日の真夜中、一緒にライブを行なうなど互いを兄と妹のように思い信頼し合っていたはずのジェットが彼女のもとを訪れ、自らが犯した罪を告白したのです。 二人は抱き合って泣いたそうです。 そしてペニーは大雨が降る中彼の手を引いて、一本の傘で支え合うようにして、歩いて10分ほどの所にある警察署へ自首に向かったそうです。

2月22日、ジェットはYouTubeに自首声明映像を公開しました。 正直に罪を認め、ペニーとすべての音楽ファン、関係者に謝罪しました。 そしてペニーは彼を許し、全面的に支えることを表明します。 台湾メディアは大騒ぎとなり、アーティスト仲間からも戸惑いの声が出ました。 しかもちょうどこの日が、ジェットの3年ぶりとなる新作アルバム『你好嗎!』のリリース予定日だったため、YouTube上にはペニー共々宣伝効果を狙ったリスキーな戦略だったのではないか…といったネガティブな意見もたくさん書き込まれました。
でもたかが宣伝のために今までのキャリアを無にするほどの愚かな行為を、あのガンコなまでに自分を貫くペニーが許すはずないじゃないですか!
翌23日、彼女はCanonのイメージガールイベントに出席するためマレーシアに帰国しますが、写真で見るペニーは…ただでさえ華奢なのにさらにげっそりとやつれ、大きな目は泣き腫らしたためかひと回り小さく見えました。 濃い化粧をしていても、その憂いと悲しみを隠すことは出来ませんでした。 そして首から下げた、誕生日に男友達から貰ったという佛牌(仏様を象ったペンダント)を、幾度も撫でていたそうです。

* * * * * *

すべてを認め、盗んだお金も返したジェットへの刑罰は120時間の社会奉仕活動で済みました。 発売がストップしていた新作『你好嗎!』もアーティスト仲間の助力で3月3日にリリースすることが出来ました。
そもそも彼がなぜこのような愚かな行為をするに至ったのか…。
それは彼自身の深刻な経済状態にあったようです。 上に主な提供楽曲を挙げましたが、2010年がごっそり抜けています。 EPを1枚出してはいますが、これも2曲入りのものでした。 台湾の平均月収は日本円で約7万5000円だそうですが、ジェットはそのころの月収が8000元(今のレートで約2万円)ほどだったことを明かしています。 他人に心配を掛けまいとするあまりデリケートな神経を持つ彼は追い詰められ、誤った行動に走ってしまったのでした。

彼の心の繊細さはその容姿や物腰、曲、詞からも感じ取れます。
自分を可愛がってくれた父親を早くに亡くし複雑な環境に育ったジェットは少々自閉的でした。 成長後それが邪悪さに変わったと自身では語っています。 同時に繊細さはさらに増した、とも。
しかし彼の師である百万制作人・李宗盛(ジョナサン・リー)は、ジェットを『人工添加物』が少ない人間と評しています。 つまり、誠実、素朴、温厚な人柄が心地良いソングライターだと。 必ず良い作品が生まれる、そう確信している…と語っています。

1999年、まだアマチュアだったジェットは、当時梁静茹をプロデュースしていたヒットメーカー・李宗盛に出会い、見出されました。 歌は未熟でしたがその声と楽曲に可能性を感じたジョナサンは、歌手になりたいなら台湾に来い、と彼を誘います。 ジェットはジョナサンの下でスタジオ助手をしながら、梁靜茹、動力火車、許茹芸、張惠妹らに楽曲提供するなど練磨を重ね、2001年にスタジオ第1号新人としてデビューをしました。
その後5年間、ジェットはマレーシア、シンガポール、台北、北京を旅しています。 暖かさや優しさとともに漂うリリカルな孤独感は、そうした旅の中で曲を書き綴るうち刻まれた感性だったのかもしれません。 たくさんの楽曲を提供し仲間を得たように見えても、まだどこかに複雑な孤独を抱えていたのでしょうか…。 彼は『お金を貸してほしい』という、ただそのひと言が言えなかったと後悔しています。 そして彼と同郷であるペニーと梁靜茹も、友人として彼の苦しい状況と心に気づいてあげられなかったことを悔やんでいると…。

* * * * * *

2011年、彼の現状を知った幾人かのアーティストが、彼が謹慎中に書いた曲をアルバムに採用しました。 そして今年、ジェットは贖罪を込めてマイナスからのスタートを切ります。 昨年ペニーが原点回帰の新たなスタートをしたように。
このブログでペニーの新作『回家路上』をピックアップしたとき彼女の変わり様に驚いたのですが、こんな重い出来事があった後の作品だったとは…思ってもいませんでした。
今回のジェットのシングル『Let It Rain』のジャケット写真は、ペニーが撮りました。 また、上の写真では横顔部分しか出ていませんが、彼は全裸です。 2月12日、西門紅樓展演館で復帰ライブが行われました。 タイトルは『裸。 唱會』。 すべてをさらけ出しての再起です。

『Let It Rain』のMV、ジェットが自分のiPhoneを使って撮影したものです。
震える画面が、吐露された彼の心情を訴えているようで…胸を打ちます。
僕はもう注文しました。

易桀齊 - Official Site

* * * * * *

那英『花一開滿就相愛』。

http://youtu.be/XJRl3ypm-NM

楊丞琳『曬焦的一雙耳朵』

http://youtu.be/KDev8GqXeHU

梁靜茹『別再為他流淚』

http://youtu.be/a4RDsqBsqYM

梁靜茹『C'est La Vie』

http://youtu.be/YTE25hxLtEE

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 曾檐『一』、例えるなら…『地球』という舞台劇のサウンドトラック。 | トップページ | 阿福、来月3曲入りEPをリリース! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曾檐『一』、例えるなら…『地球』という舞台劇のサウンドトラック。 | トップページ | 阿福、来月3曲入りEPをリリース! »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ