« 滾石唱片、コンピレーションアルバム20タイトルを一挙リリース。 | トップページ | SONY 2012華語巨星新春特賣! »

2012年1月 6日 (金曜日)

蕭煌奇、昨年末に台湾語アルバムをリリースしていた!

蕭煌奇(シャオホァンチー)『思念會驚』(2011)

Photo_5

1976年台湾生まれ、視覚障害を持つ若者たちとともに結成したバンド『全方位樂團』の團長でもある盲目のシンガーソングライター、『金曲台語歌王』・蕭煌奇4枚目の台湾語アルバム『思念會驚』が、昨年末12月27日にリリースされておりました。 オリジナルアルバムとしてはこれが8枚目の作品となります。

首波主打、姚若龍作詞の『思念會驚』。

http://youtu.be/wRwG_z1SzAk

いや~台湾語アルバムのほうはまったくのノーチェックでした。 昨年は1月に標準中国語(華語)アルバム『孤獨的和弦』をリリースしてますので、1年に2枚ということですかー。 蕭煌奇は今まで華語と台湾語の作品を交互に発表してきましたが、1年に2枚は…初めてかな。
今作では姚若龍、武雄、胡如虹、何啟弘、巫宇軒、施立、朱萬花ら有名作家陣を作詞に迎え誕生した『新台語』ラブソング10曲を収録。 第2弾シングルとなっている『美麗的情歌』は、蕭煌奇の歌が大好きという香港の映画スター・曾志偉(エリック・ツァン)のために、彼の娘さんで現在は司会者としても活躍している女優・曾寶儀(ツァン・ボゥイー)とデュエットした曲。 陶喆(デビッド・タオ)と蔡依林(ジョリン・ツァイ)が歌ったヒット曲『今天妳要嫁給我』をイメージした可愛らしいラブソングとのことです。

視力を失っていながらバイタリティー溢れる行動力、創作力、常に前向きで、聴く者にチカラを与えてくれるあの朗々とした歌声…蕭煌奇は、僕がもっともリスペクトしている台湾アーティストのひとりです。 2010年の金曲奨で最優秀台湾語男性シンガー賞に輝いた3rd台湾語アルバム『愛作夢的人』をリリースした際、蕭煌奇は現代ポップスと台湾語を融合させた新しいスタイルを生み出すことが自分の夢であると語っていました。 武雄が作詞したその中の一曲『台灣味』はそれを表現した、時空を越えた象徴である、と。 最新作『思念會驚』は彼が目指していた『夢』を、さらにハッキリと見せてくれる作品となっているようです。

« 滾石唱片、コンピレーションアルバム20タイトルを一挙リリース。 | トップページ | SONY 2012華語巨星新春特賣! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滾石唱片、コンピレーションアルバム20タイトルを一挙リリース。 | トップページ | SONY 2012華語巨星新春特賣! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ