« io樂團、大晦日にEPをリリース。 | トップページ | 下がるガード、上がるガード。 »

2011年12月25日 (日曜日)

曾檐…そして、譚維維。

曾檐(ツンイェン)『一』(2011)

Photo_1

1985年生まれ、中国四川省成都出身の新進女性シンガーソングライター・曾檐(ツンイェン)の2ndアルバム、12月30日に種子音樂からリリースされる台湾デビュー作です。 情報はほとんど無く、新作のMVも見つからずでとり上げていいものか迷いましたが、昨年リリースされたデビューアルバム『愛夢遊』の楽曲を一部ですが聴いてビビッときてしまったので…まあいいだろうと^^;。

1st『愛夢遊』から、『期盼』。

http://www.youtube.com/watch?v=zGW4ZsBs09I

大陸的なのはもちろんですが、スピリチュアルな雰囲気が漂う方ですねー。 クイックチャイナの解説によると、曾檐は北京語はもちろん、チベット語、チャン語、イ語など四川省に多く住む少数民族の言語、また自身が創作した造語『夢語(ハミング)』も駆使するアーティストとのこと。 2nd『一』はどうやら大自然をモチーフとした、ポップス、ロック、民族音楽、民謡など音楽ジャンルの垣根を取っ払った作品となっているようですね。

同じく1st『愛夢遊』から、チベット語による楽曲『祈祷』。

http://www.youtube.com/watch?v=2apNze4Yrh8

曾檐が注目を浴びるキッカケとなったのは、09年、中国映画『米香』の主題歌…彼女が作詞作曲をし、女優・陶红(タオ・ホン)とチベット族出身の女性シンガー・譚維維(タン・ウェイウェイ)がデュエットした曲『遇見』が、中華圏を代表する映画賞である台湾金馬奨に於いて最優秀歌曲賞を受賞したことでした。 台湾の女性シンガーソングライター・鄭宜農(イーノ・チェン)が、主演映画『眼淚』の主題歌『莎呦娜拉(SAYONARA)』で同賞にノミネートされ惜しくも逃した、あの年です。

映画『米香』の主題歌、『遇見』。
向かって左側が譚維維、右が陶红です。

http://www.youtube.com/watch?v=Fnn-8kL1mik

検索してみると、作曲者としてチラホラ名前を見かけますね。 表立って活動を開始したのは08年あたりでしょうか…同年12月にリリースされた台湾の女性シンガー・吳淑敏(ウー・シューミン)のアルバム『愛恨分明』の曲『愛甲軽松』、『夢中的夢』や、台湾の女優、歌手でもある林依晨(アリエル・リン)が昨年リリースした2ndアルバム『美好的旅行』の1曲『天使經過我身邊』を手掛けています。 金馬奨受賞後、ドラマや映画の主題歌、音楽監督、大陸・台湾問わずアーティストへの楽曲提供など活躍の幅を広げているようです。 YouTubeでは映像が少なめですが、それ以外ではけっこう流れていますね。

* * * * * *

映画『米香』の主題歌『遇見』を陶红(タオ・ホン)とともに歌っている譚維維(タン・ウェイウェイ、英語名:Sitar Tan)は1982年生まれ、中国四川省チベット族の出身。 2006年に大陸のオーディション番組『超級女聲』に出場し、第2位に入賞。 ちなみに3位は先日ニューアルバムを発売したばかりの『Miss 漾』こと、劉力揚(リウ・リーヤン)でした。 二人は同期なのですねー。
16歳のとき四川音楽学院に入学、その間数多くの音楽コンクールに出場し賞を獲得。 TVドラマの主役に抜擢されたり、2001年には四川音楽代表団の一員として東京国際音楽祭にも招待されているようです。 『超級女聲』に出場した翌年、オリジナル1stアルバム『耳界』をリリース。 以降09年に2nd『傳説』、昨年は3rd『譚某某』、そして今年11月、4th…だけど、なぜか『3』をリリースしています。 2nd『傳説』が民族歌謡的な作品だったのでオリジナルとしてはカウントしてないのかな? 歌、映画、ドラマとコンスタントに活躍しているアーティストです。 昨年は母校である四川音楽学院の副教授にも任命されているようですよ。 曾檐も同校の出身で、譚維維は彼女の先輩にあたります。

09年1月リリースのEP『我忘了說』。

http://www.youtube.com/watch?v=pl9Y-0qSkX8

昨年リリースしたアルバム『譚某某』から、大陸の男性ロックシンガー・汪峰とのデュエット曲『石頭在歌唱』。

http://www.youtube.com/watch?v=KeyX5JT__aA

最新作『3』から、『開放』。 新作を発表するごとに、ホント壁をぶっ壊して開放されていってる感じがする。

http://www.youtube.com/watch?v=gFPjEzhXA78

* * * * * *

以上、大陸出身アーティスト2名でした。 譚維維については大陸での活躍がメインということで積極的なとり上げ方にはなりませんでしたが、いい機会だったので、ちょっとだけ勉強してみました。

« io樂團、大晦日にEPをリリース。 | トップページ | 下がるガード、上がるガード。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« io樂團、大晦日にEPをリリース。 | トップページ | 下がるガード、上がるガード。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

sasanoji.radio賣捌所

通貨コンバーター

無料ブログはココログ