« ★祝福你 Selina!★ | トップページ | 蔡健雅、今月18日にニューアルバムをリリース! »

2011年11月 2日 (水曜日)

19 = 陳建騏 + 陳珊妮 + 無限創作的可能

19樂團『19』(2011)

19

陳建騏(ジョージ・チェン)は1973年生まれ、台湾の作編曲家です。 演劇、TV、映画、CM、他アーティストへの楽曲提供やアルバムプロデュース、コンサートではキーボード奏者としても活躍しているマルチアーティストです。
陳(チェン)つながりというわけでもないでしょうが、陳綺貞(チアー・チェン)、陳珊妮(サンディー・チェン)との絡みが多い。 また魏如萱(Waa)とも親交が深く、彼女のニューアルバム『不允許哭泣的場合』にも参加しています。 先月26日、Waaが恵比寿LIVEGATEでライブを行なった際には、プロデューサーとして共に来日していたようです。
※imustakさん、情報感謝です!

その陳建騏と、今年新作を発表したコチラも才人・陳珊妮との共作『19』が、11月19日にリリースされます(…発売日はユニット名、アルバムタイトルに掛けてるのかな?)。

YouTubeに先行UPされている、『預兆』。

http://youtu.be/BkXWMFiig3E

『19』って何だろう…
もう予約受付中ですね。 特典として大型エコバッグが付いてるみたいです…。
流行ってるなー、特典にエコバッグ…。
おもしろそうな作品には違いないです。 要チェック!

* * * * * *

陳建騏は、こんなお仕事をする方…
彼の作曲による、魏如萱『局部的人』。

http://youtu.be/mwCqGpVvjXs

コチラは魏如萱と吳青峯(ウー・チンフォン)のデュエットで『愛在波希米亞』。

http://youtu.be/EoLQp_z6LI8

上の『愛在波希米亞』は、金城武と梁詠琪(ジジ・リョン)主演の映画『ターンレフト・ターンライト』(2003)のミュージカル版、チンフォンら蘇打綠(ソーダグリーン)のメンバーやWaaも特別出演している『向左走・向右走』(2008)からのナンバーかな。 陳建騏が音楽監督を務めています。
このMVには映画『ターンレフト・ターンライト』の原作者である台湾の絵本作家・幾米(ジミー・リャオ)の挿絵が使われているみたいですね。 『君のいる場所』の邦題で日本でも話題になった絵本です。

Separate Ways 君のいる場所 地下鉄

幾米の絵本は他にも、03年から05年にかけて『地下鐵』が陳綺貞主演で舞台化され、好評を博しました。 陳建騏はここでも音楽監督で参加しています。

同じく『愛在波希米亞』ですが、コチラは稽古シーンVer.。
最後にオマケの爆笑映像がついてます。

http://youtu.be/kiMLweNZKp4

うわ、また横道に逸れてしまった…
僕の悪いクセ。

« ★祝福你 Selina!★ | トップページ | 蔡健雅、今月18日にニューアルバムをリリース! »

コメント

imustakさん、こんにちは!
お~、リアル情報、感謝ですっ!
さっそく修正入れさせていただきます。o(_ _)oペコッ

陳建騏は、けっこうおもしろい仕事をしてますねー。
チアーの『地下鐵』も観てみたいなー。
『向左走・向右走』の2枚組サントラも聴いてみたいです。

今後も情報ありましたら、ぜひお教えくださいませ。(◎´∀`)ノ

こんにちは。
陳建騏、残念ながら先日の恵比寿LIVE GATEでは演奏には参加していませんでした。
彼が鍵盤手かと思って期待していたのですが、waaのバックバンドには鍵盤手がちゃんといたんですよ。
プロデューサー的立場で参加していたと思います。
日本の後、香港、韓国と旅は続いていますが、FBの写真を見ても陳建騏が同行しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ★祝福你 Selina!★ | トップページ | 蔡健雅、今月18日にニューアルバムをリリース! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

sasanoji.radio賣捌所

通貨コンバーター

無料ブログはココログ