【台湾ポップス】TW-POP bot

« 台湾のヒップホップと日本のジャズの融合、蛋堡。 | トップページ | 台湾で人気の日本人タレント、MAKIYO! »

2011年10月 4日 (火曜日)

五月天主演映画『追夢3DNA』の主題歌を歌うのは、家家!

KISS RADIO、2011年華語シングルチャート第39週は…
前週まで3位内をキープしていた楊宗緯の『被遺忘的』は残念ながら1ランクダウンし4位に後退。 田馥甄『還是要幸福』もひとつランクを下げて第2位となっています。 代わってトップに立ったのは、9月19日、2年3ヶ月ぶりとなるニューアルバム『別再驚動愛情』をリリースしたばかりの張棟樑(ニコラス・チャン)。 第1弾シングル『怎麼會哭』が初登場で第1位を飾っています。

ニコラス・チャンは僕の食いつきたくなるタイプの餌ではないのでスルーしますw。
今回注目したいのは、楊宗緯を押し出し初登場で第3位に入った『知足(3DNA追夢版)』という曲。 これは先月16日から台湾で公開されている五月天(メイデイ)の主演映画『追夢3DNA』の主題歌なのですが、歌手名が『家家』となっている…。
家家…? TW-POPに詳しい方ならピンとくる方もいらっしゃるでしょうか…あの原住民族出身の男女デュオ『昊恩家家(Hao-En & Jia Jia)』の女性ヴォーカル・家家(Jia Jia)が歌っているらしいのです。 YouTubeのライブ映像で確認したところ、どうやら間違いなさそうでした。

家家が歌う『知足(3DNA追夢版)』。 作詞/作曲は阿信、原唱は五月天。

http://youtu.be/ifLUdJHEkjo

* * * * * *

昊恩家家(Hao-En & Jia Jia)『Blue In Love』(2006)

Blue_in_love

原住民族出身の男女二人組です。 ギター&ヴォーカル担当の男性メンバー・昊恩(Hao-En)は1976年生まれ。 彼と同じプユマ族の出身である後の『金曲歌王』こと陳建年(チン・ジェンニェン)に憧れて14歳のときギターを弾き始め、地元にコピー機がなかった当時は台東までバイクで行って、建年手書きのソングブックを印刷していたそうです。 牧師の家庭に生まれ、教会で賛美歌を学んだ彼の周りには常に音楽がありました。 アメリカのブルースにも影響を受けたようです。
女性メンバー・家家(Jia Jia)は1983年生まれ、ブヌン族とプユマ族のハーフです。 本名は紀家盈。 『原住民音樂天后』こと紀曉君(サミンガ=『唯一無二』の意)の妹です。 建年は彼女たちの叔父さんにあたります。 家家も言うまでもなく、生活は音楽とともにありました。 日常の出来事を日記につけるように歌にしました。 また『Cotton Fields』や『Last Waltz』、カーペンターズの『Close To You』などの洋楽も子守唄みたいに聴いていたそうです。

成長後、昊恩、家家、曉君は建年の台湾原住民族バンドに参加、世界各地でコンサートを行ない高い評価を得ます。 そして曉君はソロデビューし、2000年に金曲獎・最優秀新人賞を獲得。 建年も同じく2000年の金曲獎で最優秀男性歌手賞と、曉君に提供した楽曲『神話』で最優秀作曲賞をダブル受賞しました。 昊恩と家家も二人でユニットを組みライブなどで活躍。 聴くひとを幸せにする、心が暖かくなる歌声が人気です。 『Blue In Love』は2006年にリリースされた、彼らの珠玉の一品です。 昊恩家家はこのアルバムで第18屆金曲獎(2007年)に於いて最優秀ヴォーカルユニット賞を受賞しました。

『Blue In Love』の10曲目に収められている『星星數不清』。
このMVには日本で撮った以前の映像も使われているようですね。 北海道で行なわれた『アジア民族音楽祭』のときの様子でしょうか…みんな雪が珍しそうです。

http://youtu.be/HCqgZHQLTjQ

3曲目に入っている『Love Love Love』。 ライブ映像があった。

http://youtu.be/y73t-RUoYaU

* * * * * *

映画『追夢3DNA』の予告編。
劉若英(レネ・リウ)、カワイイ~! もう何歳になっててもいいっ!

http://youtu.be/ZbbWI1DoJ6s

五月天のオリジナル版『知足』。
2005年にリリースしたアルバム『知足just my pride最真傑作選』に入っている。

http://youtu.be/_o0oeyCtoFA

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 台湾のヒップホップと日本のジャズの融合、蛋堡。 | トップページ | 台湾で人気の日本人タレント、MAKIYO! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾のヒップホップと日本のジャズの融合、蛋堡。 | トップページ | 台湾で人気の日本人タレント、MAKIYO! »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ