« 楊宗緯、3年ぶりにニューアルバムをリリース。 | トップページ | S.H.EのHebe、ソロ第2弾『My Love』、来月リリース! »

2011年8月22日 (月曜日)

本領発揮、蕭敬騰。

蕭敬騰(シャオジンタン)『狂想曲』(2011)

Photo_2

1987年台湾生まれ、お母さんが原住民族アミ族の出身です。 英語名はジャム・シャオ(Jam Hsiao)。 07年に始まった台湾のオーディション番組『超級星光大道(One Million Star)』第1シーズンの道場破り(PK戦)に参加し、爆発的な歌唱力で番組を乗っ取ってしまった、若手実力派男性シンガーです。
08年6月リリースの1st『蕭敬騰同名專輯』から数えて4作目。 3rd『Love Moments 愛的時刻自選輯』が女性アーティストのカバー曲集だったので、オリジナルとしてはこれが3作目となります。 大物アーティストを楽曲提供に迎えた1st、2ndと同様今作も、小寒(シャオハン)、李偲菘(ピーター・リー)、蔡健雅(ターニャ・チュア)、陳偉(チェンウェイ)など豪華な顔ぶれが集まっているほか、ジャム・シャオ自身も全14曲のうち6曲を手掛けています(うち1曲は作詞のみ)。 ちょっと変わった構成の2枚組アルバムで、1枚目に11曲が、2枚目にはCMで使用された3曲(自作曲)のみが収められています。 内容的にはポップス、R&B、バラード、ハードなナンバーと、これも過去の作品と同様に揃っていますが、オリジナル3作の中では、もっともシンガーとしての本領が発揮されているアルバムだと思います。 2011年6月リリースの最新作です。

ターニャ・チュアが楽曲提供した、4曲目に収められている第5弾シングル『只能想念你』。 一聴しただけではターニャの曲とわからないくらいに、自分らしく歌いこなしていると思う…。


http://youtu.be/VEYVQmgWsIg

前回、楊宗緯(アスカ・ヤン)をとり上げた以上、好敵手の蕭敬騰(ジャム・シャオ)もとり上げねばなるまい…ということで、急ぎチェックしてみました^^;。
アスカ・ヤンの新作はまだ発売前なので、UPされているMVを視聴した印象のみということになりますが、CD2枚揃えて伝説の対決を再現したくなるような、双方ともに充実した出来になっているのではないかと!
アルバムデビューはアスカ、ジャム・シャオともに08年。 『超級星光大道』第1シーズンの優勝者・林宥嘉(ヨガ・リン)も同年のデビューで、その年のアルバム売り上げランキング第5位と健闘しましたが、アスカはヨガ・リンに大差をつけての第4位、ジャム・シャオはそれを僅かに上回っての第3位と…番組の盛り上がりどおりのデッドヒート、二人の人気ぶりでした。
『超級星光大道』第1シーズンは彼らの活躍もあってたいへんなヒット番組となり、07年度のTVアワード・金鐘獎の『娯楽番組賞』を受賞しています。

* * * * * *

あまりにも鮮烈な登場だったために天才と思われがちですが、じつは努力の人です。
それほど裕福でない家庭に育った少年時代…敬虔なクリスチャンである両親に連れられ教会活動に参加していたジャム・シャオは、そこで歌を歌うようになりました。
音楽に目覚めたのは小学6年の頃、偶然聴いたBon Joviのアルバム『Crush』に影響を受けて…。 でも当時はケンカや遊びに明け暮れる、荒んだ毎日を送っていたようです。
15歳のとき、スクールカウンセラーに言われた『なぜケンカするちからを音楽にぶつけないの?』というひと言がキッカケで、音楽に本気で向き合うことを決意。 母親に頼み込んでドラム教室に通わせてもらいますが、経済的な理由から3ヶ月で辞めざるをえなくなり、あとは独学で学びました。 毎日10時間以上練習していたそうです。 16歳の頃にはもうプロ顔負けの腕前になっていて、カウンセラーの勧めで自分と同じような境遇にある子供たちにドラムを教える活動を始めました。 これが台北市に認められ、ジャム・シャオは2期連続で『善心人士(心優しき人々)獎』を受賞しています。 また同じ頃、お兄さんや友人たちとバンドを組んで、各地でライブ活動も行なっていたようです。
その後キーボードにも挑戦し、五線譜が読めないながらも類い稀なる音感と猛練習でこれを克服。 17歳の若さで有名レストランの専属歌手として活躍するようになり、様々なアーティストのヒット曲を歌うことで多彩なテクニックを身に付けていきました。

アルバムタイトルとなっているハードなナンバー、『狂想曲』。
なるほど、Bon Joviだw。


http://youtu.be/qTQkaDoeaGQ

ジャム・シャオが表舞台に姿を現すのは、07年5月11日。 アスカ・ヤン、ヨガ・リンらが出場していた 『超級星光大道』第1シーズンの第18ステージ、PK戦と呼ばれる道場破りの一騎討ち『踢館挑戰賽PartII』でのことです。 当初ジャム・シャオは7月からスタートする第2シーズンへの参加を目指していましたが、彼の実力に目をつけた番組プロデューサーが、第1シーズン途中で道場破りとして本選出場者にぶつけることを思いつきます。
最初の対戦相手としてくじ引きで選ばれたのは許仁杰(スタンリー)。 ジャム・シャオは曹格(ゲイリー・ツァオ)の『世界唯一的你』で挑戦し、これを撃破。 続くPK戦2戦目、5月18日の第19ステージで指名されたのが、前回紹介したとおりアスカだったのですが…アスカは緊張のあまり歌詞を忘れるという大チョンボ。 ジャム・シャオの見事な歌いっぷりもあって惨敗を喫し、一気に落選対象者ゾーンへと落ちていきます。
そして運命の3戦目となった5月25日、第20ステージ『終極版指名踢館賽』でジャム・シャオは再びアスカを指名し、萬芳(ワンファン)の名曲『新不了情』で挑戦。 互いをライバルと認めたアスカも同じ『新不了情』で受けて立ち、リ・マッチの結果ジャム・シャオはアスカに3点及ばず敗北、大きな感動を残し姿を消しました…。
その後アスカも年齢詐称問題で涙の謝罪会見を行ない自らステージを降り、最終的にチャンピオンに輝いたのはヨガ・リンだったわけですが、この大会を盛り上げた最大の功労者は間違いなく、アスカ・ヤンとジャム・シャオの二人だったのです。

当然レコード会社各社は彼らを見逃すはずはありませんでした。 驚いたのは当時デビュー前だったジャム・シャオを、人気女性シンガー・張惠妹(アーメイ)がデュエット相手に指名したこと。 二人が歌った『一眼瞬間』は07年8月にリリースされたアーメイのアルバム『STAR』に収められ、またその年の12月に行なわれた彼女のワールドツアーにも、ジャム・シャオはゲストとして参加しています。

08年、ジャム・シャオは華納唱片(ワーナー)と契約。 アスカに遅れること半年、F.I.R.の阿沁(Real)や五月天(メイデイ)の阿信(アシン)、蘇打綠(ソーダグリーン)の青峰(チンフォン)、彼が得意とする曹格らのナンバーを揃えた1stアルバム『蕭敬騰同名專輯』を同年6月にリリースしました。 この作品は大陸やマレーシア、シンガポールなどアジア地域で大ヒット。 各新人賞を総なめにし、台湾の本家金曲獎でも新人賞候補となっています。 以降ジャム・シャオは、2nd、3rdとコンスタントにリリースして、順調にキャリアを重ねているようです。

現在は俳優としても活躍中。 第4弾シングル、11曲目に入っている『好想對你說』は、先月から公開中の主演映画『殺手歐陽盆栽』の主題歌。 10曲目にも同名曲がありますが、そちらは『悲傷版』とクレジットされています。 ともに自身が作詞/作曲をしたナンバーです。


http://youtu.be/OjcYphaTWjQ

新作『狂想曲』にはC-POP CDお馴染みのバージョン違いが幾つもあって困ってしまいますが、写真集付きの限定盤『寫真預購限量 A版』のジャケットがいちばんカッコイイかなぁ…。 円高のわりには値段はそこそこするので僕はスタンダード盤をチョイスですが…。

TW-POPを買って、台湾に感謝! アスカとジャム・シャオ、セットでいかがですか。

* * * * * *

PK戦3戦目、『超級星光大道・終極版指名踢館賽』。 アスカとのリ・マッチで敗れ、ジャム・シャオ落涙す。 そして、再会を誓い合う感動のエンディング…。
  
http://youtu.be/i0-7_KF5E-g
http://youtu.be/W1zFl-d-xlQ
http://youtu.be/PrcqEzFKEf8

たしかに、この二人のデュエットナンバー、アルバムで聴いてみたいなー。

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 楊宗緯、3年ぶりにニューアルバムをリリース。 | トップページ | S.H.EのHebe、ソロ第2弾『My Love』、来月リリース! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楊宗緯、3年ぶりにニューアルバムをリリース。 | トップページ | S.H.EのHebe、ソロ第2弾『My Love』、来月リリース! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ