« 台湾フォークロックの女王、陳綺貞。 | トップページ | 日本ではすでにデビュー済み、王儷婷。 »

2011年7月21日 (木曜日)

本格デビューが待ち遠しい新人女性シンガー、梁曉珺。

梁曉珺(リャンシャオジュイン)『訪英台』(2011)

Photo_6

1986年上海生まれ、英語名はセリア・リャン(Celia Liang)。 5月24日に初シングル『訪英台』をリリースしたばかりの、新人女性シンガーです。
この『訪英台』はアルバムではありません。 5月6日から公開されている台湾映画『走出五月(GOODBYE MAY)』の主題歌です。 とにかく一聴してゾクッと来ました。 当然日本語の情報はまだありません…が、今から食いついておきますネ^^。

MVには映画『走出五月』の映像が使われているため、ここではセリア・リャン本人の顔は確認出来ません。

http://youtu.be/9fbX4trbdEY

『走出五月』は、1988年創立の演劇集団『果陀劇場(Godot Theatre Company)』製作による初の映画作品です。 脚本・監督は果陀文化プロデューサーの朱峰。 主演は台湾のロックシンガー・柯有倫(アラン・コー)と、モデルやCMでも大人気の美人女優・房思瑜(レナ・ファン)です。 音楽を担当したのは、蘇通達…ああなるほど! このMVを観たときに徐佳瑩(ララ・スー)の『身騎白馬』を思い出したのですが、その『身騎白馬』をプロデュースし、そこで使用された台湾オペラ『我身騎白馬』を創作したのが鬼才・蘇通達なのです。
伝統と前衛、美しく融合された京劇と電子音楽、二組の男女が交錯する時間の中で織り成す愛情物語…近頃の台湾映画にはめずらしく、古き良き大陸の雰囲気が香る作品のようです。

* * * * * *

セリア・リャンは1986年に上海で生まれましたが、10歳のとき家族でオーストラリアに移住。 現在の国籍もオーストラリアです。 ニューサウスウェールズ大学でソフトウェアエンジニアリングと映像文学の学士学位を取得しています。 08年に香港の新人オーディションコンテスト『全球華人新秀歌唱大賽』に出場し、銀賞を受賞。 また、09年には単身で台湾に渡り、人気オーディション番組『超級星光大道』の第5シーズンに参加。 優勝こそ逃したものの第3位に輝きました。

『超級星光大道』の映像。 張惠妹(アーメイ)の『開門見山』。
難しいのを歌ってるなー。 アーメイにチャレンジするひと多いですね。 上手だとアピール度が高いですからねー。

http://youtu.be/DRmkJwUsBTI

それから2年、ついにメジャーレーベル・avexからシングル『訪英台』をリリースしました。 同期の上位5名のうち、第1位になった男性シンガー・孫自佑(デニス・スン)がダウンロード版のライブ集を発表しているものの、きちんと形になったものを出したのは現在までのところセリア・リャンだけのようです。 時間をかけて育てたみたいですね。 見事に歌い上げるシンガーになりました。

同じく『超級星光大道』の映像。 上海の男性シンガーソングライター・李泉(リー・チュエン)『哭了』のカバー。 シャウト系よりバラードのほうが聴かせてくれる。

http://youtu.be/qJ2u68ypybE

『訪英台』は今のところ映画のオリジナルサウンドトラック『走出五月電影写真原声帯』に収められていますが、アルバム出してくれるかなー、楽しみ。 完全に先物買いですw。

* * * * * *

『走出五月』の搶聽版と預告。 搶聽版ってどういう意味かな? トレイラーとかプレビューみたいな感じ?
 
http://youtu.be/LNzM8bN-U_A
http://youtu.be/c9D_udjrdiw

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

* * * * * *

コメント

ashさん、おはようございます。
いつもコメントいただいて、感謝です!
ホント~に感謝しております! o(_ _)oペコッ o(_ _)oペコッ o(_ _)oペコッ

蘇通達の名前は…このブログ内には出たことはなかったと思います~。台湾出身の男性作編曲家で、音楽家と言ったほうが似合いそうな方ですね。
僕も詳しくは知らないのですが、ララ・スーの『身騎白馬』以降ちょこちょことあちこちで出くわした名前で、アタマの片隅に残っておりました。古典と現代音楽を融合させる…『鬼才』とよく冠をつけて呼ばれていましたね。以前インタビューを受けているYoutube映像を見たのですが意外と若くて、けっこう年食った髭面の方を想像してたのでビックリしたことがあります。

『StreetVoice』というネット上で創作楽曲を発表出来るインディーズサイトに、『我身騎白馬』も含め大量に作品をUPしています。2011金曲獎新人賞受賞者・韋禮安も、ここで作品を発表していたアーティストですね。
ほかにもたくさんの原石、宝石が埋まっている面白いサイトですよ~。
http://tw.streetvoice.com/music/major/

ashさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますネ。お気に入りのC-POPなどもありましたら、ぜひお教えくださいまし。僕はいつも曲を聴いて気になったら調べる…という感じなので、聴いたことがないアーティストについてはまるっきり知らないのです…。
ashさん、もしブログなどやっていらっしゃいましたら、ご紹介いただけると嬉しいのですが~。
(◎´∀`)ノ

投稿: sasanoji | 2012年3月 1日 (木) 09時22分

いつもお世話になります。
情報ありがとうございました。

「蘇通達」さんですか。
いろいろ調べなくては(汗

どのようなアーティストなのかなぁ??
sasanojiの記事に登場していましたっけ??

投稿: ash | 2012年3月 1日 (木) 06時46分

ashさん、おはようございます~。
コメントありがとうございます!

梁曉珺『訪英台』を初めて聴いたとき、ララ・スーの『身騎白馬』と似た構成で、やっぱりジ~ンときてしまったのですが、MVに『作曲:蘇通達』の文字を見つけて、ああそうか!と納得出来ました。トリハダ立ちました。
僕もこの映画のことはすごく気になっていて、DVDを購入しようかどうしようか、今も迷っています。どこか日本語字幕版出してくれないかなー。

梁曉珺もその後音沙汰なしで、ちょっと心配しています…。
avexは弾数は多いですけど見切りも早いので、このまま使い捨てにされるんじゃないかと…。

投稿: sasanoji | 2012年2月19日 (日) 09時17分

つい最近この映画の存在を知りまして・・
いろいろ調べていたらやはりここに辿りつきました(笑
映画ならびにこの曲にゾクゾク!!
これから僕もいろいろ調べなくては!!

sasanojiさんのブログで情報収集して台北でCDを購入してきました。
そしてある出張に向かう羽田空港の駐車場の中で、
徐佳瑩の『身騎白馬』がスピーカから流れてきまして・・不覚にも・・(汗

こんな曲他にもないかなぁと思っていたのですよ・・
この曲には同じ空気を感じたのですが・・

投稿: ash | 2012年2月18日 (土) 23時58分

« 台湾フォークロックの女王、陳綺貞。 | トップページ | 日本ではすでにデビュー済み、王儷婷。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾フォークロックの女王、陳綺貞。 | トップページ | 日本ではすでにデビュー済み、王儷婷。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

sasanoji.radio賣捌所

通貨コンバーター

無料ブログはココログ