« 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 | トップページ | 創作才女、陳珊妮。 »

2011年6月30日 (木曜日)

若手女性シンガーソングライターのトップ、徐佳瑩。

徐佳瑩(シュージャーイン)『極限』(2010)

Photo

1984年台湾生まれ、09年5月にアルバムデビューした期待の新進女性シンガーソングライターです。 英語名はララ・スー(Lala Hsu)。 昨年第21屆金曲獎・新人賞のWINNERです。
デビュー作『LaLa』は全楽曲が彼女の手によるものでしたが、この2ndアルバム『極限』では、人気作詞家・葛大為(グォ・ダーウェイ)や蘇打綠(ソーダグリーン)のヴォーカル・吳青峰(ウー・チンフォン)らも参加しています。 全体的に音も繊細で深みが増していて、たとえるならカジュアルなジーンズから洗練されたワンピースに着替えたような雰囲気。 『失眠三部曲』と名づけられたヒーリング的なミディアムナンバーが核となっている、全10曲のアルバムです。

『失眠三部曲』の1曲目、第2弾シングル『懼高症』。

http://youtu.be/D_s_tIAJbqA

2nd『極限』ではジャケット写真からも感じられるように大人っぽさを前面に出していて、可愛らしさは控えめになっています。 4曲目に入っている『香水』は他の曲に比べて少し派手に聞こえますが、これは08年に彼女がオーディション番組で歌った自作曲だからかもしれません。 前回の金曲獎で6部門にノミネートされたデビュー作は、収録されている曲のほぼ半分が番組で歌った自作曲で、可愛らしいポップなナンバーやロマンティックなスローナンバーなど、いろいろなことをやってみたい新人らしさに溢れたアルバムでした。 そんなところからも1年たったんだなぁ…と実感させてくれます。 MVを観てもララ・スーに対するレコード会社の入れ込み具合がわかりますね。

* * * * * *

ララ・スーは小学2年生のときピアノを習い始め、中学生の頃には作曲もするようになりました。 06年、インターネットで公開した最初の作品が人気となり、当時中山医学院付属病院で看護師の実習をしていたときに出場した大学主催の歌唱コンテストで優勝。 そして08年、台湾のオーディション番組『超級星光大道』第3シーズンでグランプリに輝きました。 この番組は出場者100人を約6ヶ月、30ステージをかけて振るい落とし、優勝者を選ぶという壮絶な番組です。 そのとき彼女が歌った、標準中国語(華語)と台湾オペラを融合させた自作曲『身騎白馬』は審査員らを驚嘆させ、最高点の25点を獲得。 ララ・スーはそれまでで最も早く満点を得た出場者となりました。

『超級星光大道』で25点を獲得したときの映像、自作曲『身騎白馬』。

http://youtu.be/a0DBmns04hM

『平凡なルックスとスタイルにも関わらず、ぬきんでた創作力で台湾の人気オーディション番組第3シーズンのチャンピオンを獲得した』

08年、台湾の経済誌『今週刊』による『年間財政経済風雲人物』では、当時まだデビュー前の新人であったにもかかわらず、馬英九総統やオバマ大統領、EMSの最大ブランド・フォックスコンの会長らに混じってその年の『顔』に選ばれ、メディアの注目を集めました。
とはいえここにすんなりとたどり着けたわけでは、もちろんないようです。
オーディション番組に出る前、レコード会社各社にデモテープをたくさん送ったそうですが返事はなし。 また、今では笑い話かもしれませんがこんなことも…。
ある夜カラオケで歌っていると、居合わせた酔っ払いの中年男性に歌を褒められた。 ところが続いて出てきた言葉は、『顔さえ見せなければね』…。
面と向かってそこまでハッキリ言われたのは初めてだったとのことでかなり傷ついたそうですが、類い稀なる創作力の源はそのあたりにも由来するのかなぁ…。 現在は、謝安琪(ケイ・ツェ)やA-Lin(アリン)らに楽曲提供するなどクリエイターとしても活躍中です。

『失眠三部曲』の3曲目、第1弾シングル『極限』。

http://youtu.be/1EMYVt0odI0

C-POPのMVの多くには歌詞がテロップで入っているのですが、パッと見ただけでなんとなく意味がイメージ出来てしまうのは漢字のいいところ。 これが平仮名や片仮名、ハングルがただずらずら並んでいるだけだったりするとそうはいかない。 その歌詞を映像の一部としてスタイリッシュに活かし込んでいるMVも多い。 おっと、ガイナックスっぽいなんて言うなよ。 おぢさんからすればソレだって、市川昆っぽく見えてるんだから。

じつを言うと僕は、ララ・スーは日本のシンガーソングライター・YUIのような、アコースティックなストリートスタイルで行くもんだとばかり勝手に想像していて、この新作にはちょっとビックリしました、そっちのほうに行ったかと。 もちろんそれで僕の中での評価が下がるものでもありません。 今作のララも聴けば聴くほど沁みますよー。

* * * * * *

デビューアルバム『LaLa』から、『出口』。

http://youtu.be/cyZKuv6LFgk

台湾では長丁場のオーディションを勝ち抜きながら、デビュー前の新人が確実にファンを作っていくシステムが出来上がっています。 だから1stアルバムを出す前からブレイクしている新人もめずらしくないのです。

こちらも良い曲、『一樣的月光』。

http://youtu.be/TxXIfcRt1WQ

* * * * * *

ガス欠寸前です…。
押していただけると嬉しいです…^^;。
にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村

« 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 | トップページ | 創作才女、陳珊妮。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 | トップページ | 創作才女、陳珊妮。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ