« 第22屆金曲獎 -受賞者速報- | トップページ | 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 »

2011年6月19日 (日曜日)

縱貫線SUPER BAND、金曲獎・最優秀年間楽曲賞を受賞!

祝! 第22屆金曲獎・最優秀年間楽曲賞、受賞!

縱貫線SUPER BAND『南[下]專線』(2010)

B_2

羅大佑(ルオ・ダーヨウ、56歳、台湾)、李宗盛(ジョナサン・リー、52歳、台湾)、周華健(エミール・チョウ、50歳、香港)、張震嶽(チャン・チェンユエ、37歳、台湾アミ族)ら台湾音楽界の重鎮4名によって、08年に結成されたスペシャル・バンドです。 2009年にリリースした1st EP『北上列車』で、昨年の第21屆金曲奬に於いて最優秀バンド部門にノミネートされました。
今回の金曲奬・グランプリ受賞曲『給自己的歌』は2nd EP『南[下]專線』に収められている曲で、作詞作曲をした李宗盛(ジョナサン・リー)は、この両賞も受賞しています。 メチャクチャ渋くてカッコイイ、ヤンチャなオヤジ臭がプンプン漂う、全6曲入り。

グランプリ受賞曲となった5曲目、『給自己的歌』。 以前紹介してますがここでもう一度。

http://youtu.be/WMVtriQkPxg

このバンドが獲ったらすごいこと…と書いたものの、まさか受賞するとは…。 昨年は現役バリバリの張惠妹(アーメイ)でしたので、これはもの凄い揺れ戻しですねー。 C-POPの底深さを実感させてもらいました。 おめでとう! そして世のオヤジたちに乾杯! ヽ(´▽`)/

* * * * * *

今回の金曲獎では作詞、作曲と合わせて三冠となった李宗盛(ジョナサン・リー)は、80年代初めから活躍しているシンガーソングライター兼プロデューサーで、生み出したヒット曲は無数、関わった作品も無数…それゆえに『百万製作人』とも呼ばれる台湾音楽界の大御所です。 『ラブソングの歌姫』、マレーシア出身の梁靜茹(フィッシュ・レオン)も彼に見出され、育てられたアーティストの一人です。

バンド最年長者、羅大佑(ルオ・ダーヨウ)は、日本ではあまり馴染みがないかもしれません。 台湾生まれ、台北の私立医科大学・中国医薬学院を卒業した異色の経歴の持ち主で、デビューはコチラも80年代の初め…1982年。 政治的色彩の濃い作品が多く、外見などから反逆者のイメージを持たれていますが、哲学的なメッセージをやさしく語りかけるように歌うスタイルが当時の大学生たちに人気でヒット曲も多数。 『華語流行樂教父』と呼ばれていたそうです。 日本の60~70年代に似た感じなのでしょうか…。 その世代の人々にとっては今も思い出深いアーティストとのことです。

2009年にリリースされた第1作『北[上]列車』の5曲目、『亡命之徒』。

http://youtu.be/E4lsCCbik_I

このMVのアタマでラップを担当している張震嶽(チャン・チェンユエ)はメンバーの中ではもっとも若い37歳。 台湾の原住民族アミ族の出身で、通称は阿嶽(アユエ)。 1993年デビューのDJ、ロックシンガーです。 アルバムはEP、ベスト盤含め現在まで11枚をリリースし、04年にはアメリカ10大都市でライブツアーも行なっています。 数本のドラマや映画に俳優として出演もしているようです。

MVの中の4人、みんなヤンチャそうですね~。 あの周華健(エミール・チョウ)までもがチョイ悪オヤジに見えてくるw。 でもこの出会いはエミールにとって、とても大切な意味を持つものでした。

第2作『南[下]專線』のオープニング・ナンバー、『歸來』。

http://youtu.be/N98Q6Cm6B3I

1985年のデビュー以来数多くのアルバムをリリースし、健康的で前向きなイメージから『陽光歌手』とも呼ばれる華人トップシンガー、エミール・チョウですが、近年台湾ポップス界で流行しているラップやヒップホップが自身のスタイルに合わず、一時作詞出来ないほどのスランプに陥っていたのだそうです。 その彼を救ったのが、中華圏では誰もが知っているC-POP界の巨匠、李宗盛(ジョナサン・リー)でした。 ジョナサンは女性の気持ちを描くのが得意なヒットメーカーで、大物女性シンガーたちも好んで彼の作品を歌っています。 エミールはジョナサンとのコンサートで、男性歌手にとって難しいとされる、『完全に女性のために書かれた歌』をカバーすることにチャレンジしました。 結果、観客からは拍手喝采を浴び、このことがスランプから抜け出すキッカケになったのだそうです。 従来の流行歌を作ることの大切さに気づいたエミールは、今年5月、女性歌手のヒットソングをカバーした新作『花旦(ディーバ)』をリリースしています。

TW-POPを買って、台湾に感謝! 同世代ならきっとパワーもらえるよ!

« 第22屆金曲獎 -受賞者速報- | トップページ | 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第22屆金曲獎 -受賞者速報- | トップページ | 台湾・中央通信社、7月に日本語ニュースサイト開設 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ