« 有名アーティストたちをもまったりとさせる、王若琳。 | トップページ | シンガポール出身の実力派、蔡健雅。 »

2011年5月14日 (土曜日)

『賽德克・巴萊』

『セデック・バレ(Seediq Bale)』、2011年9月現地公開予定の台湾映画です。
前後二部作の長編で、9月9日から前編が、同月30日から後編が続いて上映されることになっています。

 
http://youtu.be/EqDpO-ChZik
http://youtu.be/u7xvsU5UKws

* * * * * *

この映画は、1930年代、日本が台湾を統治していた時代…
日本人に対抗した英雄として現在も20元硬貨にその肖像が刻まれている、原住民タイヤル族(現セデック族)のリーダー『モーナ・ルダオ』を主人公に、台湾中部南投県で当時実際に起きた原住民族と日本軍の戦い『霧社事件』を描いた作品で、今年のカンヌ国際映画祭にも出品が予定されています。

『真の人間は、肉体では負けても、魂では必ず勝つ』

Seediq_bale

こう書くとかなり反日を意識させる映画かな…と心配する方もあるでしょうが、監督は魏徳聖(ウェイ・ダーション)、あの『海角七号~君想う国境の南~』を撮った方ですので、そうおかしな描き方はしていないと思います。 詳細はまだ明らかにされていませんが、もれ伝わるところによると『太陽を信仰する日本人と、虹を信仰するセデックの人たちが、戦ううち、ともに同じひとつの空を信仰していることに気づく…』というストーリーのようです。 台湾国際放送の上野アナも『日本人が観てもじゅうぶん納得出来る作品になっているのではないか…』と、おっしゃってました。

この映画の情報を聞きつけたある方が『今の日本政府への不満も含め、台湾で反日感情が起きてもおかしくない』などとさっそく某ツイッター・タグで危機感を煽る画策をしているようですが、台湾の皆さんの現実を見つめる目は、日本人よりはるかに大人です。 もちろん韓国、中国などよりもはるかに…。 台湾にだって様々な見方をする人はいる…その程度のことです。
むしろ僕を含め日本人が、台湾の歴史や、台湾と日本との関係を学ぶキッカケになるのでは…と、期待しています。 ちなみにビビアン・スーさんも出演されているそうですよ。

賽德克・巴萊(セデック・バレ)日本語公式サイト(すごい読み応えがあります!)

* * * * * *


http://youtu.be/IMpkBPMD4fA

ぜんっぜん、心配いらないよ。

« 有名アーティストたちをもまったりとさせる、王若琳。 | トップページ | シンガポール出身の実力派、蔡健雅。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有名アーティストたちをもまったりとさせる、王若琳。 | トップページ | シンガポール出身の実力派、蔡健雅。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ