« 驚きのハイトーンヴォイス、伍家輝。 | トップページ | 心休まる場所ならどこだって第二の家、謝安琪。 »

2011年5月30日 (月曜日)

許哲珮が描く幻想世界は唯一無二。

許哲珮(シューヅァーペイ)『雪人』(2009)

Peggy_hsu_snowman

1981年台湾生まれ、英語名はペギー・シュー(Peggy Hsu)。 童話や物語を描くように1つの作品を創り上げる…聴けばだれでも彼女の歌とわかるだろう台湾の個性派女性シンガーソングライターです。 2001年に1stアルバム『汽球』でデビュー。 本作『雪人(スノーマン)』は09年クリスマスにリリースされた、ペギー4枚目のアルバムです。
前作『美好的』からは6ヶ月という、寡作で知られるペギーとしてはかなり短いスパンでのリリースとなりましたが、じつは『四季』をテーマに、当初から二部作で企画された作品だったようです。 明るくポップ、楽しげな雰囲気が溢れていた3rdアルバム『美好的』が『春、夏』をイメージしていたのに対し、『秋、冬』がテーマとなっているこの『雪人』は、ファンタジックでありながら、ちょっとダークでゴシック的な雰囲気が漂っています…。 『Intro』と『Outro』、間奏の『Interlude』を含む全11曲です。

6曲目『沒落貴族』。 タイトルからして『なんじゃ、そりゃ~』ですが、もうドップリ『Peggy's World』です。 ハマる人はイッパツで墜ちますw。

http://youtu.be/FyTBtW7T5g0

このひとのMVは毎回金かかっててそうで、ヒヤヒヤものです。 心配しています。 これが寡作の原因なのではないかと疑ってしまうくらいです^^;。 本作『雪人』も秀作MV揃いです。 寒い冬の夜…ストーブの赤い火を見つめながら聴くには、MV含めピッタリな作品かとw。

* * * * * *

ペギーは7歳にして初めての曲を創作。 15歳のときカナダの高校に留学し、帰国後、一人暮らしで感じたさまざまなことを歌にしてウェブで公開したところ、これが1万アクセスを超える人気に。 その評判を聞いた台湾の音楽プロデューサーに見出され、2001年に1stアルバム『汽球』でデビューしました。 タイトルソングの『汽球』は彼女が19歳のときにダウンロードサイト・滾石可樂(RocKaCola)に発表し年間ダウンロード数トップとなった曲で、ペギーはこのアルバムで2002年金曲獎・最優秀新人賞にノミネートされています。 ちなみにS.H.Eは、このとき一緒に新人賞候補となった同期です。

デビュー作『汽球』から、タイトルソング『汽球』。
もうすでに彼女独特の世界がそこにあることを、実感させてくれるナンバーです。

http://youtu.be/KNvWkqzeO78

デビューこそ順調だったペギーですが、契約していたレコード会社が経営不振に陥ってしまい、その後6年もの長い間新作を発表することが出来なくなってしまいました。 そこで彼女は舞台裏でクリエイターとして働くことを決意。 米ボストンにあるバークリー音楽大学でジャズヴォーカルを学び、またこの間に100を超える楽曲も創作します。 06年には現在も彼女が所属するレーベル『彎的音樂(Wonder Music)』の3人組バンド・Tizzy Bacの2ndアルバム『我想你會變成這樣都是我害的』にプロデュースで参加、翌07年の金曲獎ではこの作品で最優秀プロデューサー賞を共同受賞しています。

その金曲獎ノミネート作品が発表される前日の07年5月04日…ペギーはついに6年の沈黙を破り、2ndアルバム『許願盒(Peggy's wish box)』をリリースしました。

6年分の想いを詰め込んだ2nd『許願盒』から、10曲目『瘋子』。
Google翻訳すると『狂人』。 それまでのつらかった気持ちを象徴するナンバーとなっています…。 このMVも、金かかってるっぽいゾ…。

http://youtu.be/HBzt65P3R6M

3rdアルバムの『美好的』はそれから2年を掛けて出された珠玉の一枚。 2nd『許願盒』とはうってかわって明るく華やいだ雰囲気ですが、残念ながらMVはほとんど見当たらず、アルバムタイトルになっている『美好的』が見られるくらい…。 一方、その続編とも言える4th『雪人』のMVは、スゴイのがゴロゴロ出てきています。

4thアルバム『雪人』から、『Intro』につづく2曲目『無賴』。
ちょっとコワイ感じですが、ちゃんと穏やかな優しい曲もありますので。

http://youtu.be/qSMf7qtQmYY

2010年9月には5枚目…でいいのでしょうか、『馬戲團1號』という5曲入りのミニアルバムをリリースしています。 『馬戲團』というのはペギー率いる…いや彼女を支えてくれているバンドの名前で、今のところそれが最新作となっています。
つぎにペギーの声を聴けるのは、いったいいつになるのでしょう…。

『馬戲團1號』の1曲目『巧克力之吻』。 バンド色を前面に出したナンバーです。
やっぱり『馬戲團』名義のアルバムということになるのかなぁ…。

http://youtu.be/oV7WA8koqmA

同じく『馬戲團1號』から、いちばんのお気に入りMV『游泳圈』。
たぶん妖精が存在するとしたら、こんなカンジだと思う…もうメロメロ~。

http://youtu.be/uYs3tgSqv7A

許哲珮 Peggy Hsu - Facebook

« 驚きのハイトーンヴォイス、伍家輝。 | トップページ | 心休まる場所ならどこだって第二の家、謝安琪。 »

コメント

パイパイさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ペギー、いいですよねー。
たぶん一生聴いても飽きないと思いますww。
MVも見飽きないし。

ペギーいいですね!!

コメントありがとうございます!
大好きなんですよ~、Peggy。
3rd『美好的』は春夏にピッタリなイメージで、
これからの季節は4th『雪人』でしょうか。
個性的、魅力的なアーチストさんですネ。

『馬戲團1號』からの『游泳圈』のMVなんてホントに妖精みたいです~。

KISSFMからこのチョコリ」が流れて思わず調べてしまいました。いいですよね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚きのハイトーンヴォイス、伍家輝。 | トップページ | 心休まる場所ならどこだって第二の家、謝安琪。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

sasanoji.radio賣捌所

通貨コンバーター

無料ブログはココログ