« ライブが主戦場、呂莘。 | トップページ | 台湾ではマイカップを持ち歩け! »

2011年5月 7日 (土曜日)

マイペースのクリエイター、蕭賀碩。

蕭賀碩(シャオハーシュオ)『STAY』(2009)

Stay リリースは亞神音樂(Asia Muse)から。

1978年生まれ、英語名はデビー・シャオ(Debbie Hsiao)。 クリエイター出身の実力派女性シンガーソングライターです。 2007年に1stアルバム『碩一碩的流浪地圖』(華納唱片)でCDデビュー。 翌2008年の第19屆金曲獎で最優秀新人賞に輝きました。
2009年5月にリリースされた本作『Stay』は、それ以来となる全10曲入りのフルアルバム。 立ち止まったり悩んだりしながら夢に向かって都会で生きている、リアルな彼女の心情を描いた作品です。

アルバムタイトル、そしてコンセプトにもなっている英語曲、1曲目『Stay』。

http://youtu.be/FP_9jNpB0qw

ジャケットはとてもシンプルで、二つ折りB6サイズもどきの厚紙の右ページ内側に、CDをホールドする凸があるのみです。 歌詞のブックレットも間に挿むだけなので、気をつけないと凸でキズが付きます…。 僕は厚紙を1枚、仕切りに入れました。 デザインやブックレットの写真はとってもステキなんですけどね。
1st『碩一碩的流浪地圖』のほうは三つ折りのCDジャケットサイズもどきで、これも紙製。 ジャケットデザインはアルバムタイトルどおり地図をイメージしたものとなっています。 ずいぶん経ってから気がついたのですが、内側に蕭賀碩が楽曲提供している孫燕姿(ステファニー・スン)からのメッセージがプリントされています。

1st、2ndともに伍家輝(ウー・ジャーフェイ)作曲の1曲を除いた全てがデビーの手によるもので、しかも良品揃いという驚異的な創作能力を見せてくれる作品集です。

* * * * * *

CDデビューは2007年。 蕭賀碩は翌年の第19屆金曲獎で最優秀新人賞を獲得していますが、優しさと強さを湛えた大人っぽいヴォーカルは見事で、とても新人とは思えない。 それもそのはず、彼女は長いあいだ楽曲提供やアルバム制作など業界の裏側で活動をしていたクリエイターだったのです。 表舞台に現れたのがつい最近というだけで、しっかりとした才能とキャリアを持つアーティストだったのですね。 ただ、そこに至るまでの経歴はちょっと変わっているかもしれません。

7曲目、『太溫柔(やさしすぎる)』。 けっこう日本人の琴線に触れるところがある…と思う。

http://youtu.be/bo8uIiJvGP4

幼い頃からピアノに親しみ、大学時代も積極的に創作活動を行なっていた蕭賀碩でしたが、大学を出たあと一度音楽とは離れた道を歩んでいます。 それは医療検査技師というお仕事。 じつは彼女、台北醫學大學(医科大学)卒というエリートで、半年間ほど病院で働いていました。 でも結局音楽の道を諦めきれず、安定した職を捨てて業界の裏方で働くことを選んだのです。

蕭賀碩はそもそも、自分が歌手になることなど考えていなかったようです。 孫燕姿(ステファニー・スン)や蔡健雅(ターニャ・チュア)、鄭秀文(サミー・チェン)ら有名歌手への楽曲提供、アルバム制作などをメインにクリエイターとして活動をしていました。 その気を変えさせたのが2006年、自分で歌った曲『사랑해요(サランヘヨ) 我愛你』が台湾ドラマの主題歌に使用されたことでした。

1stアルバム『碩一碩的流浪地圖』の1曲目、台湾のアイドルドラマ『我們結婚吧』の主題歌となった『사랑해요(サランヘヨ) 我愛你』。

http://youtu.be/O6psJPAhzUE

ドラマ放映後、この曲はダウンロードランキングで1位になるなど大ヒットしたのですが、彼女は当時ほとんど無名だったこともあり、歌っているのはいったい何者だ?…との問い合わせが殺到。 それほどに自分の歌を聴きたいひとがいるならばと、2007年1月に1stアルバム『碩一碩的流浪地圖』をリリースしました。

年に1枚アルバムを出すなんてことは約束出来ない、でも出したものについては保証する…彼女はそう語っているそうです。 そしてこれからもインディーズをメインとするスタイルは変えない、とも…。 クリエイターならではの、彼女らしいスタンスがそこにはあるのでしょうね。

« ライブが主戦場、呂莘。 | トップページ | 台湾ではマイカップを持ち歩け! »

コメント

musicaさん、こんにちは。
いらっしゃいませ~。

映画・ドラマのほうはまったくの不勉強でして…
参考になるような記事がなくて申し訳ないです^^;。
日本人女優・大久保麻梨子さんが電視電影女配角獎を獲得したそうですねー。
スゴ~イ。ヽ(´▽`)/
でも、彼女のことも名前以外ほとんど知りませんでした…。

最近は音楽のほうも記事の更新をサボってます~…。(^-^;
CDの数は着実に増えているんですけどね~。

sasanijiさん こんばんは!
林宥嘉担当musicaです
金鐘獎の復習に来ました:)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブが主戦場、呂莘。 | トップページ | 台湾ではマイカップを持ち歩け! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ