« 台湾発のCDを買って、台湾に感謝しようよ。 | トップページ | 『謝謝台湾計画』に感謝! »

2011年5月 3日 (火曜日)

粉紅坦克(PINK-TANK)、符瓊音。

符瓊音(フーチョンイン)『CHIC!』(2010)

Chic

1984年生まれ、マレーシアの出身。 英語名はミーア・フー(Meeia Foo)。 パワフルな歌いっぷりから『粉紅坦克(PINK-TANK)』の異名を持つ実力派女性シンガーです。
2010年1月リリースの『CHIC』は、デビューアルバム『粉紅色點唱機』(2009年)に続く2作目。 中文歌4曲と英語歌3曲を収録した、ロマンティックでオシャレなテクノポップが楽しめる7曲入りEPアルバムです。

3曲目、符瓊音作詞、Bill Snorkle作曲、DJ LUCKY混音、『灰色地帯』。

http://youtu.be/Tc7rmUoo3w0

台湾テクノとも香港テクノとも違う国際的な雰囲気が香るこの作品には、海外アーティスト・Bill Snorkleが作曲で参加。 リミックスは、ExileやSouljaほか多数のアーティストの作品に携わり、徐若瑄(ビビアン・スー)ら台湾アーティストとも親交が深い日本人プロデューサー、『DJ LUCKY』ことRICKY氏が担当しました。 ボーナストラック的なラスト7曲目の『58°寂寞』は、中文によるしんみり系バラードです。

* * * * * *

彼女ほどメジャーになることへの闘志を剥き出しにしてきた女性シンガーも珍しいかもしれません。 デビューするまで本国マレーシア、香港とオーディション番組に挑戦し続け、その度に落選してきました。 しかし08年5月、PK戦のチャレンジャーとして出場した台湾のオーディション番組『超級偶像』第1シーズンに於いて見事本選出場者から2勝を挙げ、『粉紅坦克(PINK-TANK)』の愛称を得ます。 ちなみにこのシーズンの優勝者となったのは、中性的な容姿と歌声が人気の女性シンガー・張芸京(ジーン・チャン)でした。 符瓊音は同年6月から始まった第2シーズン本選にも続いて出場。 努力の末身につけた美声と歌唱力で審査員らを唸らせ、最終的には合計点数で僅か0.006点トップに及ばなかったものの、第2位の成績を残すことが出来ました。
そして2009年3月、この番組の最終10強に残ったメンバーたちとリリースしたコンピレーションアルバム、『我有我的驚嘆號』の中で歌ったバラード『蝶戀花』が携帯着メロダウンロードで高い評価を受け、その2ヶ月後、有名女性歌手のヒットバラードをカバーしたアルバム『粉紅色點唱機』で本格デビューしています。

おそらく入手困難だと思う『我有我的驚嘆號』から、2曲目に入っている『蝶戀花』。

http://youtu.be/L2c3ZnNzwwM

カバー集『粉紅色點唱機』とはうって変わってポップな面をアピールしているミニアルバム『CHIC』にも1曲だけバラードが収められていて、コチラもロマンティック。 7曲目『58℃寂寞』。

http://youtu.be/tHWg4j5DXr8

昨年12月には初のオリジナル・フルアルバム『很久没哭了』をリリース。 これは全10曲入りなのですが、そのうちの9曲がドラマの主題歌や挿入歌に採用されるという…まるでサウンドトラックかスペシャルアルバムみたいな、とんでもないクオリティの作品に仕上がっています。 パワフルにも、そして叙情的にも歌うことの出来る柔軟さを備えた期待の女性シンガーです。

* * * * * *

2nd『很久没哭了』から、ドラマ『獅子的女兒』のエンディングとなった『最怕冷戰』。

http://youtu.be/7e8unbn_dYw

« 台湾発のCDを買って、台湾に感謝しようよ。 | トップページ | 『謝謝台湾計画』に感謝! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾発のCDを買って、台湾に感謝しようよ。 | トップページ | 『謝謝台湾計画』に感謝! »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ