« 無尽蔵のエネルギー、黃韻玲。 | トップページ | 許哲珮が描く幻想世界は唯一無二。 »

2011年5月29日 (日曜日)

驚きのハイトーンヴォイス、伍家輝。

伍家輝(ウージャーフェイ)『我瘋你』(2009)

Photo_15

生年は公表されておりません、マレーシア出身の実力派男性シンガーソングライターです。 08年に本国マレーシアで1stアルバム『雖然我願意』をリリースしデビュー。 台湾では09年12月に1st『雖然我願意』の台湾バージョン『我瘋你』でデビューを果たしています。
ただ丸っきりの新人というわけではなく、アルバムをリリースする以前…维基百科を覗いてみると04年あたりからすでに張學友(ジャッキー・チュン)、孫燕姿(ステファニー・スン)、莫文蔚(カレン・モク)、梁心頤(ララ・リャン)あたりへの楽曲提供者として名前がリストされています。 クリエイター出身のアーティストですね。

まず、アルバム1曲目の『雖然我願意』。
右は銀河網路電台(iWant-radio)の映像。 伍家輝自身によるトークが入っていて、彼のキャラクターを知るにはちょうど良さそうです。 驚きますよww。
 
http://youtu.be/x7mhuhhTcys
http://youtu.be/uvSmKHlQnnc

どうです、このギャップは! 明朗快活、お笑いもイケそうなあのキャラクターにして、なんと美しくクリアなハイトーンヴォイス! 一聴しただけでは女性と間違えてしまいそうなくらいです…が、しゃべるとなんとも人懐っこい近所の『にーちゃん』という感じww。

* * * * * *

僕が初めて伍家輝を認識したのは、先日とり上げた台湾の女性シンガーソングライター…こちらもクリエイター出身、蕭賀碩(デビー・シャオ)の2ndアルバム『STAY』の4曲目、『遠距離戀愛』で、でした。 これを作曲し、作詞にも携わっていたのが伍家輝で、デビーとデュエットもしているのですが…あのクリアなハイトーンボイスで完全に主役を食ってますw。 デビーも彼のことはとても高く評価しているようで、07年に彼女がリリースした1stアルバム『碩一碩的流浪地圖』にも曲提供、デュエットですでに参加してもらっていたのですね。 そのとき僕はまだ彼を知らなくて、今回調べていて気がついた…というわけです^^;。

動く画がなかったのですが、デビーのアルバム『STAY』から『遠距離戀愛(feat. 伍家輝)』。 YouTubeの画は『我瘋你』のジャケットになってます…UP主さん、伍家輝のファンなのかな? ※残念、ロックされてしまいました。

http://youtu.be/mapWBJ5_-QI

09年、伍家輝は台湾デビューするにあたり、アルバムタイトルを『雖然我願意』から4曲目に入っている『我瘋你』に変更。 また曲数は『雖然我願意』の全10曲に、彼が楽曲提供した07年のシンガポールNo.1ヒット映画『881 歌え! パパイヤ』の主題歌、『一人一半』のソロバージョンを最後に追加した全11曲となっています。 彼の人柄がにじみ出ている…いや、溢れている良作です。

これはオリジナル、映画版の『一人一半』。 雲美鑫とのデュエットです。

http://youtu.be/XWTDKtVq4tQ

伍家輝は本格デビュー前から映画『881』のサントラにクリエイターとして参加したり、周渝民(ヴィック・チョウ)が歌った槇村さとるの漫画『おいしい関係』の台湾ドラマ版主題歌『愛上這世界』、張學友(ジャッキー・チュン)や劉徳華(アンディ・ラウ)、前述のデビー・シャオ、以前紹介した蔡健雅(ターニャ・チュア)ほか、そうそうたるメンツへの楽曲提供で活躍するなど、すでにシンガポールやマレーシアで数々の賞も受賞している実力派アーティストだったのです。 デビーもそうですがクリエイター出身のソロアーティストが増えてきているところなどは、日本のポップスシーンと似ている気がしますね。 C-POPは奥が深いなー。

« 無尽蔵のエネルギー、黃韻玲。 | トップページ | 許哲珮が描く幻想世界は唯一無二。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無尽蔵のエネルギー、黃韻玲。 | トップページ | 許哲珮が描く幻想世界は唯一無二。 »

【台湾ポップス】TW-POP bot

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ