【台湾ポップス】TW-POP bot

« 台湾国際放送、朝の特別編成について。 | トップページ | 『Weather Girls』の天気予報。 »

2011年3月30日 (水曜日)

『日本加油!』

台湾国際放送で先日、中国語には『感同身受』、あるいは『人飢己飢,人溺己溺』という言葉があると紹介しておりました。 いずれも『他人事ではない』を意味する言葉で、まさに今台湾ではこれをキーワードに日本支援の輪が広がっているそうです。
もうひとつ合い言葉となっているのが、日本でもよく知られている『ガンバレ』を意味する『加油』…『日本加油!』という言葉。
『ガンバレ』は実際被災された方々にとって厳しい言葉であることはもちろん上野アナ、王課長も承知されてますが、それでも応援する気持ちを表わすにはもうこれしかないとも語ってらっしゃいました。 日本で起こったこの大きな悲しみを、自分たちのことのように思ってくださる台湾の皆さんには、やっぱり感謝の言葉しかありません。

* * * * * *

ところが中には、この『日本加油!』に違和感を持たれる方もいらっしゃるのですね…『東日本加油!』ではないか、と。 関東地方にお住まいのその方がつぶやかれたTwitterによると、『まるで震災で日本全体が損害を受けた』かのような誤解をされている、日本の事情にある程度詳しい台湾なのだから『東日本加油!』と言う人がひとりくらいいて欲しい…というわけです。 また、四川大地震を中国の…というよりも四川の災害と認識した自分には奥歯に物が挟まる想い、とも…。 『奥歯にウンヌン…』の使い方はここでは無視いたしますが、いやいやアナタ、宮城や福島が日本のどのあたりにあるかなんて、台湾ではご存知の方のほうが少ないでしょう。 ましてあの広大な中国大陸の一地方で起きた災害を、どうして中国全体の災害と思えましょう哉…。 突っ込みどころ満載で、しかも反論大歓迎とわざわざ書いてあるので、よほどつぶやこうかと思いましたが、そんなことで自分のTLを汚したくもない。 幸い自ブログのほうは読者が少ないようなので、こちらでコッソリとストレスを発散させていただくことにいたしました。

たしかに、地震、津波といった目に見える直接被害が東日本に集中しているのは間違いない。 台湾で行われたチャリティー番組では、エバー航空会長が個人で10億円寄付されたこともあって、総額47億円を超えたとも言われている。 それら義援金が被災した方々へ届けられるとすれば、『東日本加油!』というのもあながち間違いではないかもしれない。
しかし、その後起こっている事態を見れば、東日本だけで済まないのは明らかだ。
福島第一原発問題による電力不足、放射性物質の拡散漏出で農林水産業、観光産業は衰退、輸出減少により経済活動は停滞し、今後さらに下降していく。 現在東電管内で節電を呼びかけているが、原子力政策の見直しが避けられないとすれば、いずれ西日本でも節電せざるをえない状況となる。 半身を失おうとしている船が沈まないと考える船乗りなど一人としているわけがない。 船底に溜まってゆく水をかき出し、余分な荷物を捨てて少しでも船を軽くする。 上手くゆけば港にたどり着けるかもしれないし、救助の手にすがることも出来るかもしれない。 でもこの頼りない船長のもと、沈もうとしているのが舳か艫かわからないが、残された場所でみな冷静でいられるのか…。 日本全体、日本人全体のあり方を問う、試練にさしかかっていると思う。

おそらく今、すべての日本人が、かつてないくらい考えている。 大人も、子供も、ものすごい勢いで…。 実際何が起こっているのかよくわかってない子どもたちでさえも、その小っちゃなアタマで何かしら考えているふうだ…。 こんな小さな子らにムズカシイ顔をさせてるのはだれだ? 僕ら大人じゃないか。 時代のツケを子や孫の世代に背負わせたくはないけれど、僕らの世代で返せる自信はない…つくづく情けない…。 だけど、せめて彼らが絶望しないですむ日本を残す、そのきっかけを作っておくくらいなら出来るんじゃないか…。 彼らならきっと大丈夫、良い大人になってくれる。 僕らが道を造り間違えさえしなければ…。
だから『日本加油!』で合っている。 未来へ続く日本に対しての応援なのだから。

* * * * * *

さて、関東地方に住むそのTwitterの主さんは、こうも言っています。

『台湾の方々も喉元過ぎれば暑さを忘れるでしょう。ほとんどの方が震災に見向きしなくなった時こそ本当の支援かと思う。』(原文のまま)

でも僕が心配なのはむしろ逆で、これほどまで想ってくれる台湾の方々に対して、その恩を忘れ、仇で返すようなことを今後日本がしてしまいやしないか…ということ。 こちらのほうが可能性としてははるかに、ある。

台湾は、東アジアで唯一信じられる日本の友好国です。 裏切ってはならない。
だから最後は、この言葉で締めよう。

『僕らは決して台湾を忘れはしない』

…と、これは彼のキメ台詞『当方は決して東北を忘れはしない』から、ちょっと拝借しました。smile

« 台湾国際放送、朝の特別編成について。 | トップページ | 『Weather Girls』の天気予報。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾国際放送、朝の特別編成について。 | トップページ | 『Weather Girls』の天気予報。 »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ