【台湾ポップス】TW-POP bot

« 台湾人気女性ヴォーカルトリオ『S.H.E』のセリーナ、大やけど。 | トップページ | 台湾国際放送、朝の特別編成について。 »

2011年1月21日 (金曜日)

『S.H.E』のセリーナが退院。

19日付の台湾国際放送HPより。
昨年10月22日、中国でのドラマ撮影中に発生した爆発事故で大やけどを負った『S.H.E』のメンバー・セリーナ(任家萱)さんが19日、退院の記者会見を開き、事故後初めてメディアの前に姿を見せた。

Radio Taiwan International Website

会見には、入院中も傍に付き添い続けてきたメンバーのヒービーさん、エラさんとともに、マスク、帽子などを着用せず、本人の意思により素顔で登場した。
全身の54%に負ったやけどのうち41%が熱傷深度『第3度』に達していて、これまで3回に渡る皮膚移植を行なってきたが、リハビリの状態によってはさらに再手術の可能性もあるという。
また事故当時セリーナさんは婚約中で、彼女の父親は婚約者であるリチャード・チャン(張承中)さんにその解消を申し出たが、リチャードさんの彼女への気持ちは変わらず、挙式は今年4月、当初の予定通りに行われる見込みとのこと。 会見でセリーナさんから両親への感謝の言葉が述べられると、詰めかけたメディア記者らからも嗚咽が漏れていたそうだ。

一方、このドラマの監督であるチェン・ミンジャン(陳銘章)氏は、今月15日なってようやく謝罪コメントを発表。 この遅すぎる説明に非難が集中し、2008年台湾ドラマ最高視聴率を叩き出したチェン監督の名声は一気に地に堕ちた、と聯合報は伝えている。

* * * * * *

関連記事
台湾人気女性ヴォーカルトリオ『S.H.E』のセリーナ、大やけど。 (2010年10月25日)

« 台湾人気女性ヴォーカルトリオ『S.H.E』のセリーナ、大やけど。 | トップページ | 台湾国際放送、朝の特別編成について。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾人気女性ヴォーカルトリオ『S.H.E』のセリーナ、大やけど。 | トップページ | 台湾国際放送、朝の特別編成について。 »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ