【台湾ポップス】TW-POP bot

« 日中の諍いの海で、大きな魚を釣り上げるのは誰か。 | トップページ | 今日9月24日は… »

2010年9月24日 (金曜日)

『中国漁船船長解放後も残る問題』と題して。

今夜のロシアの声『ラジオジャーナル 今日の話題』でも、先日につづいて日中問題について解説していました。

ロシア科学アカデミー極東研究所主任研究員ヤコフ・ベルネル氏は、ここで注目すべき点として、台湾が中国とこの件について同一歩調をとって連帯していることを挙げています。
また、問題の海域で日本との合同演習を控えているアメリカが苛立っており、日中間の諍いがヒートアップし、さらにそのスピードも速まるのではないかと見ています。

こうしたことすべての裏には東シナ海ガス田開発問題がある。 中国のインターネットサイトには、日本に対する嫌悪感や憎しみは遺伝子レベルのモノ…とする、たいへん強硬な反日論文なども現れていて、激しい非難合戦がヒートアップするいつもの段階をたどっている。

日本の電子工業、航空宇宙産業、原子力産業の息の根を止めるに等しい『レアアース』の輸出停止に反撃するのは、中国人船長解放よりもはるかに難しいことは明白で、日本は最大の経済的パートナーである中国との交流が悪化することを真剣に憂慮している。

いずれにしても中国側は積極的に攻勢に出、この地域に於けるゲームで自分のルールを押し付け、グローバルな地位強化を狙っている。 世界で強まりつつある中国の役割に関連するこれらすべては、日本や中国近隣諸国の不安を掻き立てる一方、中国の台頭を望まず、妨害したいアメリカの影も裏に見える。

この北東アジア地域のパワーバランスが変わろうしているのは客観的現実かもしれないが、避けることの出来ない軋轢が生じた際、それが軍事対立の形をとらないよう調整することが重要である。

以上のように、ヤコフ・ベルネル氏は分析しています。

« 日中の諍いの海で、大きな魚を釣り上げるのは誰か。 | トップページ | 今日9月24日は… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日中の諍いの海で、大きな魚を釣り上げるのは誰か。 | トップページ | 今日9月24日は… »

C-POPブログ、いっぱい。

通貨コンバーター

無料ブログはココログ